アクセスランキング

【ゾッとする話】請け負った奇妙な仕事

   

同僚の話。

元解体業者の彼は、奇妙な仕事を請け負ったことがあるという。

現場は奥深い山林の中にあった。

かなりの豪邸だったが、更地にしてほしいと頼まれたそうだ。

もったいないと思いながら崩していると、地下に小さな空間があった。

座敷牢だった。

真砂土で埋めてくれと言われたが、そこのごつい格子戸が気になった。

牢の中からつけられた傷が、そこかしこに見受けられたという。

人間がつけられるような、ちゃちな傷跡ではなかったらしい。

傷のいくつかは、明らかにできたばかりの新しいものだった。

依頼主も仕事の紹介者も、それについて何も語らなかった。

あれはいったい何だったのかと、今も時折思い出すのだそうだ。

 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,