アクセスランキング

【ゾッとする話】誰かが投げ返したピンポン玉

   

兄が最近体験した話。

部活で部長である兄は、その日も最後の戸締りと片付けを終えて帰るところだった。

部員達はもう少し前に帰っていった。

そんなに遅い時間でもなかったが、季節のせいもあって辺りは暗くなっていた。

体育館のトイレや物置などを見て回って、電気を消した。

最後に外から出入り口の鍵を閉めて帰ろう、と…

ふと、休憩時間に見つけて遊んでいたピンポン玉をまだ持っていることに気がついた。

このまま持って帰っても仕方が無い、そう思い、体育館の中にピンポン玉を投げ入れた。

ポーンポンポンポンポン…

真っ暗な体育館の中からピンポン玉が弾む音が聞こえ、やがて消えた。
さて、帰ろう

出入り口を閉め、鍵をポケットにつっこんだ。

そして歩き出そうと体育館に背を向けた、その時。




パァーン

ドアにピンポン玉が当たるような音だったそうだ。




 

 - 超常現象 , ,