アクセスランキング

【ゾッとする話】裏稼業のMさんのこと分かってるのは…

   

某チェーン店の居酒屋でバイトしてた頃の話。

Mさんという40代の常連がいた。

常連といっても、俺がバイトを始めた頃から店に一人でやってくるようになったのだが、ほぼ一月ほどは毎晩のように通ってきた。

何でも居酒屋近くのビジネスホテルに滞在しているらしく、だいたい閉店間際にふらりとやって来て、本人定番のつまみを注文する。

それでお互い顔を覚えて、いつしか気安く対応する間柄になっていた。

何せ小さな店舗で、オヤジ系居酒屋だったこともあって、カウンター内で洗い物をしているとよく話し掛けてきた。

いつものようにモツの煮込みを出すと、Mさんは気味の悪い話を始めた。

若い頃にヘマをしでかし、その筋の方に拉致されて、ダムの工事現場に連れて行かれた時の話だそうだ。

Mさんは普通の労働者とは違って、飯場のような所に軟禁させていたらしい。

そこには似たような境遇の人たちが十人ほどいたという。

場所は人里離れた山の中。

食事の支度は飯炊き女(50代)がまかなっていたそうだが、当然食材は近くの村から配達してもらったという。

ある夜、工事現場に繋がる唯一の道路が、大雨で不通になってしまった。

復旧の目処がたたないうちに、三日が過ぎたそうだ。

蓄えていた食料も底を尽き、全員パニックに陥ったらしい。

その時みんなが目をつけたのは、飯炊き女が残飯を食べさせていた雑種犬。

Mさんは詳しく話さなかったが、とにかくその犬を食べて飢えをしのいだという。




「それからなんだよ。動物って分かってんのかね?俺を見たらどんな犬も吠えやがるんだ、睨みつけてよ」

俺もMさんが裏稼業の人間であることは薄々分かっていた。

相手は店の客だし、深い付き合いにはならないつもりでもいた。

でもMさんは俺のことを気に入ったらしく、仕事が終わったら飲みに行こうと誘ってくるようになった。

最初は断っていたが、ある夜、すすめられたビールで少し酔った俺は、誘いに応じてしまった。

「顔の利く店があるから」

Mさんは東南アジアからタレントを連れてくるプロモーターだと自称していたが、実はブローカーだった。

連れて行かれた店もフィリピンパブ。

かなりきわどい店だったが、貧乏学生だった俺は結構楽しんでしまった。

Mさんは女の子と延々カラオケを歌っていたが、俺はカタコトの英語で片っ端から女の子を口説いていた。

一人すごくかわいい女の子がいて、その子にも話し掛けようとした時、Mさんは突然マイクを置いてテーブルに戻ってきた。

「その子はだめだぞ。俺のお気にだからな」

Mさんの目は笑っていなかった。

ぞっとするくらい凄みがあった。

回りも雰囲気を察して、場はしらけたようになった。

俺も萎縮してすっかり酔いが覚めてしまった。

Mさんは何も無かったように、再びカラオケで歌いだした。

その姿を黙って見ていた俺に、さっきのお気にの女の子がつたない日本語で耳打ちしてきた。

「店ノ女ノ子、全部アイツ嫌イ」

「何で?」

と俺が訊ねると

「ワカラナイ。デモ、ナンカ見エル時アルヨ」

「何が?」

「死ンダ女ノ子ネ。イッパイ見エルヨ」

俺は思った。

Mさん、分かるのは犬だけじゃないみたいだぞ。





 

 - 怖い話/怪談, 猟奇的な話 , ,