アクセスランキング

【ゾッとする話】突然の出来事…冷静

   

鉄工場で働いてた時の話。

日曜日だったが、納期の関係で俺の後輩と職人さんで休日出勤するはめになった。

後輩と職人さんは作業スペースを確保するために天井クレーンを使って鉄骨や資材をどかしていた。

後輩はクレーンの操作が下手なので、職人が

「おまえちょっと練習やと思ってかたづけてみ。」

とクレーンのリモコンを後輩に渡していた。

俺は俺で中二階にあがって、塗装にとりかかった。

2時間くらいたった頃、ガッシャーンという大きな音。

「おいおい…」

後輩が二階にあがってきて

「どうっすか進み具合は?」

と尋ねてきた。

「まだ全然だよ。ていうかさっきでかい音したけど何?」

「なんでもないっすよ。つうか俺用事あるんで帰ります。」

冗談かと思って

「あほかw」

と軽く流すと、後輩が

「じゃっそういうことで…」

と本当に帰ろうとしたので、あわてて階段をおりて後輩を追いかけた。

後輩が

「冗談ですよ。〇〇さんは上で作業しといて下さいよ」

と階段で俺を制止する。

「冗談かよマジっぽかったぞ。まあいいや今日は遅くまでやるし休憩しようや」

と下におりようとすると、




「いや〇〇さんは上で休憩とって下さいよ。職人さんぶっちゃけ〇〇さんの事嫌ってますから」

と言い出し

何か後輩の様子が変だ

目が泳いでいる。

それにさっきのガッシャーンという音、感覚的にやばい感じがしていた。

俺はあわてて下へ降りた。

職人がいない…

どこにも……

クレーンが品物を釣ったまま高くまで巻き上げられている

目を疑った…

頭がつぶれた職人が品物にはさまれて浮いていた。

後輩はいなくなっていた。

警察と救急車を呼んだ後、俺は写メで頭がつぶれた職人を何枚も撮った。




 

 - 猟奇的な話 ,