アクセスランキング

【ゾッとする話】空家の人影がピアノを弾いてるように見えて

   

私が中学生の時まで住んでいた集合団地の近くに空き家が一軒あった。
ただ、空き家と言っても、人が住める様な状態ではなく、家財道具などがひどく散乱したまま放置され、外壁も半壊した、ほとんど廃墟の様な建物だったので道側からでも内部が丸見えだった。

私の学校-自宅までの行き帰りには、少し時間を短縮できる近道があって、ある時まで、ずっとそこを使っていた。
空き家は、「近道」を通る時には必ず目にする場所だった。

ある日、夕暮れ時にその道を一人で通っていた時、何気なく空き家を見ると中に人影があった。

反射的に立ち止まって見てみると、その人物は子供用のおもちゃの小さなピアノ(?)の前に正座しており、鍵盤らしき部分に両指を乗せ、まるで演奏している様なポーズを取っていた。

しかし指や腕を動かしたりして実際に演奏するという訳でもなく、その姿勢のまま固まっていて、首をがっくりと前にうなだれさせて俯き、全く動く事なくそこにいた。
表情は見えなかったが、スーツの様な服を着た男の人だった気がする。何だかすごく不気味に思えて、急いで走って家に帰った。

その奇妙な人影は結局、卒業までに3回見た。
2回目に見た時は友人と一緒だったが、友人も私も怖がりなので声をかけたりなど到底できず、逃げる様にすぐその場を離れた。

3回目、最後にそれを見た時は、同じポーズの人がもう1人増えていた。
髪型はセミロングの20代くらいの若そうな女の人で、やはり正座して、おもちゃのピアノの鍵盤に両指を乗せ、微動だにせず深く俯いている。

前述のスーツの人の隣で。

その後はもう空き家を見るのも嫌になって、引っ越すまで二度と例の近道を使わなかったので、あれが生きている人物だったのか幽霊的なものだったのか、何もかも分からない。

でも、とにかく、もう二度とあんな不気味な物は見たくない…。




おもちゃのピアノって、子供用の小さいやつだよね?
常識で考えればとてもじゃないけど鍵盤に大人二人が並んで両指を置ける様な幅なんて無い

タンスと壁の隙間から此方を覗く所謂「薄い人」の話みたいな感じだとすると、幽霊的なものかはたまた脳の障害とかで空間的に存在不可能な場所に人がいると認識してしまったか

どちらにせよ生きてる人間ではなさそうだね
幽霊ならともかく脳の問題とかだと今後も何かのきっかけであり得ない事象を知覚してしまう恐れがある訳で、それが致命的なタイミングで起こったりしたらちょっとシャレにならないな

はい、それです。

ただ、その小さいピアノ1つに2人が群がっていたという訳ではなく、

きちんと「1人に1つずつ」ありました。
説明不足申し訳ありません。
なので最初にあれを目撃した時と、最後に目撃した時とでは、ピアノが1個増えていた(?)という事になる…のでしょうか。

1度だけ友人と一緒に見ているので見間違いではないと思いたいのですが…

その人影はちょうど真横から見た感じだったので、俯いた時に顎の部分が、本当に、鎖骨の辺りに触れてしまうくらい、うなだれていたのを今でもよく覚えています。




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,