アクセスランキング

【ゾッとする話】祖父母の家のボットン便所の穴の中でみたモノ

   

小学低学年の時の話。

祖父母の家ってのが東北の田舎の地主で、兎に角アホみたいな土地持ちだった。

おかげで山半分の敷地に家が親族3棟しかなく、私有地と見なされたのか町も街灯すら取り付けてくれなかった(今でも道に街灯はない)。

その家ってのが築130年で、いまだに便所がボットンなんだが、子供の頃、その家の便所が本気で怖かった。

田舎の厠って深くて暗いんだな。

当時はまだ増築前で外に便所があったし。

で、その家に泊りに行った時に夜中起きて便所に行ったんだが、ボットン便所って、使う前にどうしても無意識で穴を覗いてしまうんだな。

いつものように穴を覗いたら、くみ取り直後の深い穴の底に全然知らないじいさんが浮いていた。

顔だけ

(プールで顔だけ出して浮いてる香具師みたいに)

目が合ってじ~っと見られて、その後ゆっくり沈んでいった。

その後は大泣きしてばあちゃんの所に駆け込んだけど、その老人に心当たりがまったくなし。

数年後、広島にある父方の実家に生まれて初めて行って、仏壇見て死ぬほど驚いた。

自分が産まれる前に被爆で死んだじいちゃんだった(マジ)。

じいちゃんの顔、それまで見たことなかったんだよね。

自宅に仏壇ないし。

 

 - 猟奇的な話 , ,