アクセスランキング

【ゾッとする話】真っ当な正義感を逆恨み

   

俺が院生の頃レポート作成に追われて深夜まで起きてた時、外から女性の悲鳴が聞こえてきたのでふと窓を覗くと女性が若い男数人に襲われてた。

当時、シャツにパンツ一丁(暑かったからね)だったので、急いで服を着てたら

向かいの家の人が木刀みたいな物持って助けに行ったので

女性は軽傷で済んだらしく、向かいの家の人にお礼を言って駆け付けた警察から事情聴取を受けるためにパトカーに乗って行った。

結局その時は犯人は捕まらず逃げ去っていってしまった…。

その後俺は結局レポート作成に集中できず眠りにつく事にした。

その翌日、大学から帰って気を取り直してレポート作成に入ってると警察が訪ねてきた。

内容は勿論昨日の通り魔についての注意を呼びかけだった。

それから数日が経って、レポート作成も大詰めに入ってた時に

また外から女性の悲鳴が聞こえた。




外を見るとやはり女性が二人の男に襲われてて、この時も向かいの人が木刀を持って行ったのだが

その時はこの前と違い犯人達は抵抗し、路地裏までもつれこみ俺の視界から完全に死角になっていた。

その後も、怒声が聞こえたがすぐに止み路地裏から車が猛スピードで飛び出して行った

俺はその後すぐに服を着て外へ出た、現場にはパジャマ姿の野次馬がたくさんいたが、向かいの人はいなかった。

俺は隣人の女性Aから話を聞くとどうも犯人に連れてかれたとの事、それを聞いて俺は背筋が凍りつくような思いがした。

すぐに警察が駆けつけ事情聴取を受けた。幸い車のナンバーは見ている人がいて。

すぐに犯人の家が特定され、御用となったが…

誘拐された向かいの人は既に殺されていた…

後に向かいの人の同居人の話によると、犯人はあの時向かいの人に追い払われたのを根に持っていて、囮の女性を使ってまでして誘きよせたそうだ。

もしあの時俺が先に助けに行ってたら、殺されていたかもしれない。





 

 - 猟奇的な話 , ,