アクセスランキング

【ゾッとする話】生かされてる、という実感で達観

   

俺の友達の友達の話。

要は知らん人のはなしだ。w

その人は普通に霊が見える人らしい。

日常的にわんさか見えてるそうだ。

だから、慣れてしまってるのでそうそう驚かない。

血だらけの女がいようが、ビルから落ちてくる人を見ようが平気なんだそうだ。

しかも、その気になれば話もできて、初めのうちは色々聞いてやったりもしたそうだが、今では面倒なので一切シカトしてるそうだ。

その能力を使えば、殺された人などから犯人や遺体の場所、時期など全て聞きだせるので、未解決事件でも解決できるだろうが、信じてもらえないし、そこまでするギリもないのでしない。

もう達観してしまってるみたいだ。

当然金儲けとかも考えていないそうだ。

そんな彼にも、年に数回声を上げてしまうほど驚く事があるという。




突然ビルの陰から、数十Mの巨大な人が現れて、町を徘徊してるそうだ。

信号待ちしたりもするそうだ。

殆どの霊は等身大なのに、極々稀にそういう巨大化したヤツが現れるそうで、それには驚くみたい。

極めつけは、ある日町を歩いていて、突然体が動かなくなり、驚いて回りを見渡すと、白く輝く人が、ゆっくり空に上って行くのが見えたそうだ。

それはそいつが普段見ている霊とは明らかに違い、その者によって体が動かないのが直感的に分かったそうだ。

その者がなんなのかわからないが、普段見ている霊に対しては人間と同じに感じるが、その者には絶対に敵わないと確信できるし、恐怖すら感じたそうだ。

恐らくその者がその気になれば、人類や世界など簡単に終わらせる事が出来るだろうと言う。

それ以降、生かされているという実感が凄く沸いたそうだ。

本当かどうか分からない。

否定する能力がこちらにはないし、常軌を逸しているので判断する材料もない。

そういう世界があるのだなあと思うくらいしかない。




 

 - 怖い話/怪談 , , ,