アクセスランキング

【ゾッとする話】狩猟の村で狩られた特別なもの

   

先輩の話。

彼のお父さんの実家は山奥の小村で、すでに廃村となっている。

そこの村人の多くは、狩猟で生計を立てていたそうだ。

狩人たちは獲物を正式な名前で呼ばず、村独自の呼び名を付けていた。

鹿や兎などはヨツ、猿はフタツ。

猪だけは別格でクジラと呼ばれていたらしい。

鳥には特別な呼び名はなかったそうだ。

ある早朝、お父さんの家に村中の狩人が集まったのだという。

何やら深刻そうな顔で打ち合わせをし、皆で山に入っていった。

お父さんはまだ幼かったが、唯一つ憶えていることがあるそうだ。

「ミツが出た」

この台詞がくり返し述べられていた。

夕方、山に入った狩人が帰ってきた。




猟は成功したらしいが、なぜか獲物を誰も下げていなかった。

皆返ってくるなり、塩をまいてお清めをした。

それから間もなく、村人は村を離れ始めたという。

村が廃れるまで長い時間はかからなかった。

あの日、狩人たちが何を狩ったのか、お父さんはずっと気になっているのだそうだ。




 

 - 猟奇的な話, 金曜日の恐い話 , , ,