アクセスランキング

【ゾッとする話】流星群だと思っていたら…

      2018/11/16

高校生の頃の話。

車の免許を取り立ての友達と合計4人でキャンプをする事に。

みんな色々忙しかった為に出発するのは午後8時ぐらいなった。

当然車は友達のお父さんの車だったのだが、サンルーフ付きの車というのは当時結構珍しかった為に皆はしゃいでいた。

キャンプ地までは車で1時間ぐらいの道程。

私は後部座席に座り、サンルーフから見える星空を堪能していました。

最初のうちは

「あー、流れ星だー」

とか言って笑っていたのですが




時間が経つにつれて、その流れ星の量はもの凄く多くなり、比喩でもなんでもなくて、1秒に1個ぐらい流れ星が見えました。

キャンプ地についたものの風が強くテントを張るのを断念して、車内で寝る事になったのですが、その時も先程より数は減ったものの相変わらず流星は見えていました。

翌朝、キャンプ場に設置しているスピーカーからNHKのラジオニュースの音で目が覚めたのですが、それによると日航機が墜落したとの報道でした。

昨日のはしゃぎぶりとは裏腹にみんな黙ってしまいました。

帰りの道中で花を買い、何もないところでしたが花を置き、みんなで黙祷しました。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 ,