アクセスランキング

【ゾッとする話】気持ち悪いメールと先輩

   

今から二年前、俺は晴れて大学生になった。

今まで実家暮らしだったのが一人暮らしへ。

最初は不安だったけど、少しずつ慣れていった。

そんなある日、一通のメールが携帯へ届いた。

『たかし(仮名)君はどんなゲームするの?』

相手はサークル勧誘の際に知り合った3年の先輩(男)。

交流会で話が弾んで意気投合したことから、メルアド交換へと至った。

実際に会ったのは交流会一回きりだったが、他愛も無いゲームの話から俺が少し興味あったDTMの話まで、暇つぶし程度に軽く返信をしていた。

交流会で一回会っただけの、メールだけの繋がり…でもそれは次第におかしな方向へと転がり始めた。

ある日の着信。

『たかし君の顔写真、送ってくれませんか?』

突然届いたそのメール。

何の事か分からず普通に

「え、何でですか?」

と返信した。

『どんな顔してたかな~と思って。』

と答えが返って来たが、あまりにも気持ち悪いのでそのまま無視していた。

すると、

『今アパートの前に来ました。』

は?

と思いキッチンの小窓からそっと覗くと、確かにあの先輩がそこに立っている!!

何で家を知ってるんだ!?

頭の中は完全にパニくっていたが、交流会の時『新歓の連絡先を』と住所等を書かされていたのを思い出した。

「…なんで書いちゃったんだろうなぁ」

と思いつつ後悔してももう遅い。

結局その日はカーテンを閉め切り、部屋で居留守を使っていた。

途中ニ、三度チャイムが鳴ったがもちろん出なかった。




何時間かした後外を確認すると、その先輩はもう居なかった。

それからも幾度と無く送られてくる先輩からのメール。

『たかし君は普段何をしていますか?』

『今度たかし君の家へ遊びに行ってもいいですか?』

『たかし君、今から会えませんか?』

俺は逃げるかの様に8月に携帯を変え、アドレスも番号も変わった。

おかげで、先輩からのメールはぱったりと来なくなった。

それから1年が過ぎ、あの時3年だった先輩も卒業を迎えるらしい事を知った。

メールが来なくなったものの、どこかで不安がっていた俺はようやく解放された様な気がした。

しかし、卒業式まで一週間という所で一通のメールが舞い込んだ。

…差出人は、あの先輩からだった。

『たかし君、何度も気持ちの悪いメールを送ってゴメンなさい。あんなメールを送っていたのには理由があります。それは、たかし君が死んだ友人と似ていたからです。本当にゴメンなさい。』

淡々と綴られた事実。

感動?そんなモノ無い。

何であいつが俺のアドレスを?

そして、死んだ友人と俺を重ねていたという気味の悪さだけが、後に残った…。




 

 - 猟奇的な話 , ,