アクセスランキング

【ゾッとする話】死んでも好きだった姪っ子をお空の上から見守る猫

   

もう15,6年前の話なんだけど。
うちにはネコが二匹いて、離婚で戻ってきた姉の娘がハイハイしながらよく追っかけていた。
年よりネコの方は昔から子供嫌いなのでしっかり逃げていたけど、ワサビという名前の若い方のネコの方は性格が鷹揚で、赤ん坊が寄ってきてもさほど嫌がらなかった
奴は奴なりに、
「うちの家族でオレよりちっちゃい生きもの」
として面倒みるほどじゃないけど受け入れてるふうだった。

やがて姪っ子も歩き始め、言葉が遅いなりに単語を発するようになった頃、ワサビが急性腎不全であっという間の病死。

遺体はペット霊園で火葬して、そのまま納骨した…んだっけか?
まあとにかくそれからひと月くらい経ってたかな。
家の二階に通じる階段の突き当たりが窓になってて、いつの間にか姪っ子が階段昇って(危ないなァ…)その窓から晴れた空をジッと見上げていた。
私と姉が
「なに見てるの?」
と聞くと、姪っ子は青空を指さして
「アチャビ!アチャビ!」
とよく回らぬ舌で嬉しそうに叫んだ。

つられて私達も空を見る。
そこには雲ひとつない初夏の天空が、小さな窓を青く染めているばかり。
姉と私は、思わずつぶやいた。
「…子供には見えるのかな」
と姉。
「そうだね。見えるんだろうね」
と私。
それから二人で、申し合わせたようにワサビの青い瞳と同じ色した空へ向かって合掌したのでした。

 

 - 怖い話/怪談 , ,