アクセスランキング

【ゾッとする話】権利とトラウマ

   

中学校2年のとき。

隣の家に一つ年上の女子が住んでいた。

この娘は不良というほどでもないが、あまり学校に行かず、さぼってばっかりだったので隣の家からは夜になると父親の怒鳴り声、娘の泣き叫ぶ声が聞こえていた。

ある日、夜11時ごろにいつもどおり隣の家から怒鳴り声が聞こえてきて、その後にうちの家のチャイムが鳴った。

うちの母親が開けてみるとその女子が立っていて

「もううちに帰りたくないからここの家の子にしてほしい」




とのことだった。

そういうわけにもいかないから母親が家に帰りなさい、とのことを告げるとその娘は家の中に入って俺の部屋に入り、いきなり服を脱ぎだした。

全裸になったあと、俺のベッドに入りこう叫ぶ。

「○○くん(俺)とこういう関係だから私はここにいる権利がある」

もちろんそんな事実はなく困っていたら隣の家の父親がやってきて全裸のまま娘を家に連れ戻した。

その夜、その娘は怒り狂った父親に殴り殺されたらしい。

父親は翌日警察に連れて行かれ、弟と母親はその家から姿を消した。

俺の中で強烈な事件だったので、いまだに女の裸を見るたびあの時の裸体が頭に浮かぶ。





 

 - 猟奇的な話 , ,