アクセスランキング

【ゾッとする話】東京から宮崎へのワープゾーン

   

俺は、現在二十歳です。

家は生まれた時から東京で、ばあちゃんちが宮崎にあります。

そんで俺が小学生時代のある日、通学路の途中にある細い横道をなんか通りたくなったので通ってみると、三段くらいの石段があって、そこを上ると山道にでました。

乗用車が目の前を二台通り過ぎるのを見送ってから、そこを横断したのですが、すると、今度は崖があります。

その崖を降りるとそこは宮崎のおばあちゃんちだったのです。




俺はおばあちゃんと少し話してから来た道を戻り家に帰ったのですが、その間は実際の時間も体感時間も30分程でした。

翌日も同じことをしたのを覚えています。

当時俺は、東京と宮崎との距離をしらなかったので何も不思議に思わなかったのですが去年、宮崎に行った時におばあちゃんに聞いてみたら、やっぱり俺は一人で宮崎に来ていたと言います。

でも、今はその宮崎への抜け道はありません。

不思議だ。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 ,