アクセスランキング

【ゾッとする話】普通ではない対応・神経

      2019/03/13

今日の朝体験した自分的に洒落にならない怖い話

通勤途中で車の人身事故の現場に居合わせた

駐車場から飛び出した車が人をはねたんだけど尋常じゃない状態だった

その駐車場から出る道路は道幅も狭く信号なんかもない路地みたいな所

普通なら車の鼻先を出したら右か左かにハンドルをきらないとその道路に出ることは不可能なくらいの狭い道路

なのにその車は直進して駐車場の目の前の飲み屋のシャッターにバンパーをめり込ませてた

ちょうど道路を寸断するような感じで勢いよく店先に車の鼻面突っ込んでた

「うわー…馬鹿じゃん」

と思ったのも束の間、農協からワラワラ出て来た農協職員の兄ちゃん達の一人が

「人が挟まってるぞ!」

と一言




えっ?と思って見てみたら白髪頭が車の前輪の下敷きになってた

急いでその場にいた全員で車を退けたら出てきたのはお婆ちゃんらしき人

もう人相なんかわかんないくらいにタイヤで頭は潰されてて、体が僅かにビクビク動いてた

すぐに救急車に乗せられて心臓マッサージされながら運ばれてったけど多分助からないと思う

そんだけでも怖いんだけどもっと怖かったのはその後

その車を運転していたオッサンが警察と実況見聞っつーの?やってたんだけど、警察と話しながら笑ったりしてんだよ

そんであらかた終わって警察が立ち去った後、普通にその事故車に乗って帰ってった

あんだけの事故起こして普通にしてられる神経が何よりも怖い





 

 - 猟奇的な話 , ,