アクセスランキング

【ゾッとする話】捨てたはずのストラップ

   

今年の正月に名古屋旅行に行って来た。

んで友達に

「ストラップ買ってこい」

と言われたのを帰りの空港で思い出し、慌てて空港の売店で買った。

ついでにアイスも買った。

ほんでロビーの椅子に座りアイスを食べ搭乗までの時間を潰していた。

食べ終わった空の容器を先ほどの売店の袋に入れ、捨てた。

搭乗時刻になり、飛行機に乗り込みカチャカチャとシートベルトを締めていた時、

「あ。」

と思った。

さっきアイスのゴミと一緒に捨ててしまったのだ、ストラップを。

「あちゃー売店の袋にストラップ入れたままだった。すぐカバンにしまっておけば…」

等と悔やんだが、

「ま、安かったし、友達に謝ればいいか」

とその場は落ち着いた。

帰ってきてから友達にその事を話したが、ただの笑い話で済んだので安心した。

ここまでは普通の日常によくある一連の流れである。

だが、先日違う友達を家に連れてきてしばらくしゃべってた所、テーブルの上に何やら紙袋に包まれたものが置いてある。

私の誕生日は過ぎたばっかりなので、

「ナルホド、少し遅い誕生日プレゼントか」

と察し、友達に

「なんやこれ、ボールペンかなんかか?」

と笑いながら聞いた。

「ハァ?」

と友人。

その友人の態度に




「?」

と思いつつ袋を開けてみると、そこには名古屋空港で捨てたはずのあのストラップが。

「え?え!?」

とパニくる私。

状況が飲み込めない友人。

確かに、私は空港でアイスのゴミと一緒にストラップを捨てた。

そして確かに、友人が来る前テーブルの上には何も無かった。

なのに、なんで今ここにストラップが?

その気味が悪いストラップ、捨てるのもアレだったので、

「やっぱカバンに入ってた~」

と言って友達に渡しました





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , , ,