アクセスランキング

【ゾッとする話】忘れたいのに忘れられない光景…一面鼻糞

      2017/02/20

幼かった私にとっては本当に怖かった話です。

私には今でも忘れられない光景があります。

小学生の時、クラスでいじめられていた女の子がいました。
(仮にN子とします。)

背は小さめでしたが、特にブサイコというわけではなく、不潔な外見でもなく、どこにでもいる普通の子でした。

なぜそんな子がいじめられていたかというと、N子には変な癖があったのです。

その癖とは、いつも鼻の穴に指を突っ込んでいるというものです。

つまり、常に鼻クソをほじってるというわけです…。

女友達から
「汚いからやめなよ」
と何度も注意をされたり、先生にも
「鼻の穴が大きくなっちゃうよー?」
と優しく諭されたりしていたにもかかわらず、N子は鼻をほじるのをやめようとはしませんでした。

そのうちにある噂が立ちました。

「N子は、ほじくった鼻クソを机の裏にくっつけている」

私は一度も見たことがありませんでしたが、特に授業中に何度も目撃されていたらしいです。

そのうちにN子へのいじめもどんどんエスカレートしていきました。

私はいじめっこグループには入っていなかったので、N子を直接いじめたことは無かったのですが、やはりどうしても不潔な印象があったので、自分からN子に近づいたり、庇おうという気にはなれませんでした。
自分のまわりにもそういう子が多かったです。

ある日の放課後、いじめっこグループの男子が、N子をトイレの個室に閉じ込めました。

家に帰ろうとしていたN子をわざわざ男子トイレの中まで連れて行き、個室に押し込め、掃除用具か何かで扉が開かないようにしていたらしいです。

そんなことが起こっているとは知らずに、N子が帰宅してしまったと思っていた私と友人は、

「ホントにN子の机の裏には鼻クソがくっついてるのかなー?」

「調べてみる?」

という話になり、思いきってN子の机をひっくり返してみることにしました。

もし噂が本当だったとしても、消しゴムのカスのような鼻クソがところどころに付けられている程度だと予想していました。

しかし、ひっくり返して見てみたところ、

机の裏一面にびっしりとN子の鼻クソが…………!

どう表現したらいいのか分かりませんが、机の裏がニスで塗り固められたように、鼻クソで塗り固められていたのです。

机の裏の地が1ミリも見えないほどでした。

10年以上経った今でも、この時の光景は忘れることができません。

これを書きながら思い出してしまい、気持ち悪くなっています、今…。
話を戻しますが、それを見た私と友人は絶叫して、N子の机をひっくり返したまま、逃げるように走って帰りました。

次の日学校へ行くと、緊急のクラス会が開かれました。

いじめっこグループがN子を閉じ込めたまま帰宅してしまったため、N子は夜までトイレの個室に閉じ込められたままだったらしく、たまたまトイレの前を通った先生が気づき、ようやく助けられたそうです。

N子は学校を休んでいました。

いじめっこグループは呼び出され、こってりと叱られていたみたいです。

そして、後から聞いた話なんですが、N子が閉じ込められていたトイレの個室の扉の内側には、机の裏と同じように鼻クソがびっしりと付けられていたそうです…。

そのことが騒ぎになった時に、私も男子トイレの外から覗き込んで見てみたんですが、確かに扉の内側には小さな凸凹がたくさん見えました…。

N子は小学校を卒業するまで鼻クソをほじくり続けていました。

そしていじめられ続けていました。

今考えると、もしかしたら、夜尿症や爪噛みなどと同じように精神的なものだったかもしれませんね。

卒業してからは一度も会っていないので分かりませんが、成人したN子がどんなになっているのか、知りたいような知りたくないような…。

しかし本当にあの光景は忘れることができません…

忘れたいのに………

 

 - 怖い話/怪談 ,