アクセスランキング

【ゾッとする話】山岳修行中に悪さを仕掛けてくるヤツら

   

オレのじいさんは若い頃山岳修行をしていて、お盆になると死んだじいさんがしてくれたこの話を思い出す。

山に入り、夜道を歩いていると、たまに、さっき通ったはず?という道に出くわす時がある。

最初はあまり気にせず、そのまま歩いて行く。

そのまま目的地に行ければ、それで良し。

しかし、しばらく歩き続けて、明らかに堂々回りをしている場合がある。

そんな時にはこの呪文を唱える

「…」 (どういう呪文だったか、今はもう思い出せないが、手印を結んでいたので真言かと思う)

これを唱えると、辺りにさっと霧が立ちこめて、この悪さをしている奴らが見えてくる…。

じいさんの話によると、立ちこめた霧と地面との間に無数の動物の足が見えてくるらしい。

それがきつねの足だったり、狸の足だったり、時には両方ある時があったらしい。

後は、一喝。

奴らは、正体がばれた途端、霧とともにいなくなって、そして道が開ける、とじいさんは言っていた。

 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,