アクセスランキング

【ゾッとする話】嫌われてしまうおじさんの特殊能力

      2018/03/20

2年前の話

季節は冬、元気だったおじいちゃんが急に死んでしまい、俺は急遽仕事を休み、葬式に行った。

おじいちゃんとの急の別れに、俺は思わず涙していた。

親戚達に泣いてる顔を見られたくなかったので、お寺の駐車場で煙草を吸いながら泣いていた。

そんな俺を見付けた親戚の中で嫌われ者のAおじさんが、近寄ってきて俺に

「メソメソするなょ、俺の方が辛いんだ。来週も葬式あるぞ…」

と言って、Aおじさんは、車に乗り、一足先に帰ってしまった。

その後俺は、親戚達と死ぬほど飲んだ。

それから五日後、元気だったBおじさんが交通事故で死んだ。

Bおじさんの葬式の時、俺は、隅っこの方にいた、Aおじさんにこっそり、何で分かったの?と聞いてみたところ。

普通の人が、産まれたての赤ちゃんと、生後1ヶ月の赤ちゃんを見分けられるのと同じように、顔を見れば、後どのくらい生きられるかが分かる能力が、Aおじさんにはあるらしい。

念のため、俺は後どのくらい、生きられるか聞いてみたところ。




「そんなのは、知らない方がいいんよ。」

と言われた。

後で自分の父さんにその事を話をしたところ、Bおじさんが死ぬ事は、おじいちゃんの葬式の時に、Bおじさんも含め、全員が知っていたらしい。

Aおじさんが、皆の前でBおじさんに話したのだそーだ。

しかし、その時誰も信じなかった、むしろ反感をかった。

その後Aおじさんは、Bおじさんの葬式を境に、親戚関係を一切拒否し、連絡先も分かりせん。




 

 - 超常現象 ,