アクセスランキング

【ゾッとする話】委員長の秘密の奇妙で不気味な…

      2019/08/06

中学生の時にクラスの委員長だった彼女は、皆によく頼まれ事をされては嫌な顔一つせずに素直に引き受けたり、兎に角人の嫌がるようなことを自ら引き受けるような、とても良い子でした。

それを知ってか、皆もよく彼女に頼み事をしていました。

俺とは余り関わる事がなかったですが、2、3度話した時も、ごく普通の感じでした。

卒業までの一年間、委員長はずっと変わらず、彼女一人で務めていたと記憶しています。

卒業式でも、クラスの皆(女子)から寄せ書きを貰っていました。

それらを大事そうに抱えて笑って居たのをよく覚えています。

その卒業式から3日ぐらい経った日の事です。

俺は高校を陸上の推薦で行くのが決まっていたので、半月ほど前から自主練習のために夜に走るのが日課となっていました。

いつものコース、アップダウンの激しい坂道を駆け、少し寂しい林道を抜け、大きめの交差点を迂回して、戻ってくる…。

距離にして約4kmくらいでしょうか。

「少し寂しい林道」…と言っても、外灯は幾つかあるので、走る分には問題なかったのですが…

その日、林道を少し入った森の中に、委員長だった彼女を見たのです。

彼女は何かを棒で殴っていました。

時間は夜11時くらいでしたので、明らかにおかしいと思った俺は、反射的に足が止まっていました。

ちなみに俺とその彼女は、中学生活の時でもどちらかから話し掛ける、というような間柄ではなかったため…そして委員長で優等生だった子が、このような遅い時間帯に森の中で何かを殴っている、という異様な光景のため、話し掛けることは出来ませんでした。

幸いそれに熱中していたのか、俺が彼女に気付いた時は、まだこちらには気付いていないようで、俺は彼女が何を殴っているのかが気になり、少し身を隠しながら近付いてみました。

そして見てしまいました。

あの時貰ったであろう卒業アルバム、寄せ書き、その他中学校に関係するものがその場に散乱し、彼女はそれを殴っていたのです。

あまりの衝撃に動けずにいた俺は、彼女が振り返った時もその場を離れる事が出来ませんでした。

息を切らしているのか、肩が大きく上下しています。

彼女はこちらに寄ってくることも無く、ただその場で止まっていました。

やがて、彼女は奇妙な動きを始めたのです。

それがなんと言うか…。

「足はピッタリ閉じて、両手を上向きに折り曲げて固定し、少し笑った顔はこちらに向いたまま、首のみを高速で横に動かして」いました。

それを見たときが限界でした。

来た道を全力で走りました。

それから、夜の自主練習はしていません。

「彼女が何を憎んで、あの品々を殴っていたのか」

という事は…大体想像出来ますが、

「何故あのような動きをしたのか、あの動きは一体何だったのか」

という事だけはいまだに謎です。

文字だけではあの動きを上手く伝える事が出来ないのが残念です。

本当に奇妙で、不気味でしたから…

 

 - 猟奇的な話 , , ,