アクセスランキング

【ゾッとする話】場違いなところで子供達だけの集まり

   

もう、25年ほど前になりますが、私が山を始めた頃の話を聞いて下さい。

混雑を避けて、父と二人で8月の終わりに白馬岳に行った時のことです。

山頂で一泊し、白馬大池から栂池へ下山するコースをとりました。

山頂付近こそ多くの人でしたが、乗鞍や大池辺りでは、もう殆ど人と会うことも少ないほどでした。

最終バスを栂池自然園で乗ることにしていた私達は、結構のんびりと歩いておりました。

(その当時はゴンドラは、まだなくて、日に数本のバスがありました。)

そして、乗鞍岳をすこし下った雪渓で休憩をとることにしたのですが、

なぜか、そこには軽装の10才位の子供達が10人程いて、鬼ごっこをしていたのです。

辺りには、大人は全くいなくて子供達だけで遊んでいるのです。

親たちは、後から登ってくるのか、下ってくるのかな。

と不思議に思いましたが、とりあえず、私達は、雪渓の下の方でお茶を飲んでいました。

時間が結構ありましたので1時間ほど休んで下りようとしましたが、

子供達は、何時の間にかいなくなっていました。




下山するには、私達の前を通る筈ですしが、私達の前は誰一人、登る人も下りる人も通っていません。

子供達だけで、夕方近くに登って行くことも考えられませんし、荷物も何もなかったようです。

父と狐につままれたような気持ちでその場を後にしました。

バスの運転手さんに会う迄その子供や、保護者らしき人、登山者に会う事もなっかたのです。

それから、いろいろ山に登りましたが、あんな不思議な体験はしたことがありません。一体 私達が見た子供はなんだったのでしょうか?

ごく普通の子供達に見えたのですが、あんな場所に子供だけでもちろん行ける所ではないし、大人は全くいなかったのですから。

長々と読みづらく、恐くもない話しを書き込みました。

ごめんなさい。

長年、ずっと忘れられずにいる出来事でした。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , , ,