アクセスランキング

【ゾッとする話】冷凍庫

   

実話です。

オバケ話じゃないんですけど、聞いてください。

3年くらい前まで、晴海の倉庫で働いていたんですよ。

マイナス25度くらいの冷凍庫でした。

そんで、6階建てで、一つの階に2人で仕事するって感じなんですが、俺と同じ階で働いていたおじさんが来ない日があったんです。

結構サボるおじさんで

「また俺一人かよ。たまんねーな。」

って感じで、朝倉庫の鍵を開けたら、倉庫の入り口で体中霜まみれのおじさんが、うずくまっていました。

前の日に、まだその人が中にいることを確かめないで社員の人が鍵を掛けてしまっていたそうです。

もちろん死んでいました。

気持ち悪かったんですが、その頃金がなかったのでその後半年、その倉庫で働きました。

ドアの内側には、おじさんが必死で指で引っかいた跡がずっと残っていて、結構嫌な気分でした。

 

 - 猟奇的な話