アクセスランキング

【ゾッとする話】偏頭痛の原因は…

      2018/06/08

俺んちと従弟んちはすぐ近く。

よく遊びに行くんだけど、とにかく家全体が汚くて洗濯物とかも廊下に転がってる始末。

自分のことを棚に上げて、片づけろ、キレイにしろって言ってたけど一向にキレイにならない。

その日も従弟んちに行ったんだけど

鏡台の陰に逆さに立てかけられていた写真たてを発見。

見れば、従姉弟の死んだおばあちゃん。

「お前さー、亡くなった人の写真逆さにするなよー。頭に血が昇っちゃって可哀相だぞー」

と言ったら、従弟の顔色が真っ青になった。

聞いてみれば、ここ半年くらいずっと偏頭痛がひどくて、しかも知らない婆さんの夢でうなされることが数回あったらしい。

従弟の親に確認したら、やっぱりおばあちゃんだった。

お婆ちゃんだと気づかなかったのは、夢の中では病気で痩せ細ってた顔だったからなんだって。

ご先祖様は大切に。

後日談。




従弟は「面倒くさい」っちゅーフトドキな理由で法事にも出てなかったらしい(同居している母方の婆ちゃんがいたから尚更)。

久しぶりに法事に出たら、親戚中から、自分が生まれた時にどれだけおばあちゃんが喜んだかを延々と聞かされたそうだ。

半分、痴呆状態になっても従弟の顔だけは判別できたらしい。

それだけ可愛がってもらったのに、と従弟は泣いてました。

それからは、ほぼ毎月の月命日には墓参りに行ってるそうです。




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,