アクセスランキング

【ゾッとする話】侵入者が捜しに来たモノ

      2018/11/23

俺は建設会社で現場作業員をしています。

ある年の年末に、道路工事の現場で働いている時のことでした。

1日の作業を終えてプレハブの現場事務所へ戻ると、ミーティングなんかに使う折り畳み式のテーブルの上に新聞紙が拡げてありました。

真ん中が微妙にふくらんでいて、何か置いた上に新聞紙を被せてあるような感じ。

なにコレ?とか思って、何気なく新聞紙の端を持ってめくりました。

藁人形でした。

しかも髪の毛付き。

「っじゃー!!」

けったいな声を上げた俺を見て、人が集まってきました。

「なんやなんや」

「うわぁ!これワラ人形やんけ」

「こんなん始めて見たわ」

「やばいなー」

いつの間にか人だかりができて、ちょっとした騒ぎになりました。

そこへ、近くの砂防ダムの現場で働いているオッさんが入ってきました。

この現場事務所は、道路工事と砂防ダム工事の共用だったんです。

「ああ、コレな。松本んとこのオッさんが木切ってるときに見つけたらしいわ」

松本というのは下請けの土建屋だったんですが、そこの作業員が見つけたのを、捨てるのも気持ち悪いということで事務所まで持ち帰ったのです。

「山に行ったら藁人形かてタマ~にあるらしいぞ。ワシも何回か見たことあるで」

人形は明日にでも近くの神社へ持っていく段取りだ、という話でした。

翌朝、朝礼に出るために現場事務所へ行くと、入口のあたりに人が集まっていました。

「どないしたん?」




「夜のうちに誰かが事務所に入ったらしいわ」

見ると、入口のサッシが開いています。

そこから中を覗くと、荒らされている室内の様子がわかりました。

人里離れたところにある事務所だったし、セコムは付いていなかったしで、朝イチのオッさんが第一発見者でした。

入口には鍵が掛かっていたのですが、無理矢理こじ開けられていたようです。

事務所の中にはパソコンや測量道具など値の張るものが置いてあったのですが、そういったモノは何も無くなっていませんでした。

ただ、例の藁人形だけがどうしても見つからないそうです。

「ちょっとアレ見てみ」

俺の前にいたオッさんが指差す方を見ると、床や壁の至るところに、泥だらけの足跡や手形が残っています。

「あの足跡な、あれ、素足やな…」

それを聞いて、俺は背筋が急に寒くなるのを感じました。




 

 - 猟奇的な話, 金曜日の恐い話 , , ,