アクセスランキング

【ゾッとする話】何時の間にかいなくなっていた

   

小学校6年の時、野外授業に行った先で

小さなカナヘビを捕まえて入れ物がないので

友人の布製筆入れに入れておいたら

何時の間にかいなくなっていた。

その時は逃げたのかな、と思ったが、逃げるほどチャックの隙間は大きくないし、後日再度捕まえてきたカナヘビで試してみることにした。




図工の時間、カナヘビを筆入れに入れておいて、絵を書きながら5分程度、目の前で筆入れを監視し、開けてみるとやはり消えている。

その後、カナヘビだけでなくカエルや虫でも試してみたが、4~5回は同じように生き物が消えることを確認した。

何時の間にか、そんな不思議なことも起こらなくなってしまったが、身の回りで起きた不思議なこととして今でも記憶に残っている。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , ,