アクセスランキング

【ゾッとする話】会社でメンヘラちゃんに好きになられてしまって

   

メンヘラちゃんには気を付けてください。

私は女ですが、女メンヘラちゃんに関わったことで怖い思いしたので書きます。

私の前に働いていた職場は若い女性社員が多くて、社内はいくつかの女子グループがあり、たまたま私とメンヘラちゃんは同じグループでした。
メンヘラちゃんのほうが先に働いていたため、元々あったグループに私が後から入った感じです。

グループのみんないい人でメンヘラちゃんも初めは普通でグループみんな仲良しだったんですけど、私が気分転換にロングの髪をショートカットくらいまでに切ったことで可笑しなことになりました…

私は元々男顔だったので、髪を切ったことによって周りからイケメンだとふざけて言われるようになったんですけど、メンヘラちゃんは人一倍

「私ちゃんかっこいい」

「私ちゃんイケメン」

「私ちゃんのことすごく好きかも」

と言って腕くんだり、顔見つめてきたりすごくベタベタしてきました。
メンヘラちゃんは2次元の男の子が大好きで私がそれに似てたらいいんです。

最初はふざけて

「ありがとう。メンヘラちゃんもかわいいよ」

とかイケメン対応してたんですけど、ある日会社の飲み会の席でいきなりチューされそうになって拒否ったらメンヘラちゃんがまさかのヒステリック起こして大号泣したんです。

それで、もしかして私メンヘラちゃんにマジで惚れられてる?
って思って、失礼な話すごく引いてしまったんです。

どう接したらいいのかわからなくなってしまって、彼氏に相談したところ

「女らしくすりゃいいんじゃない??」

とアドバイスをもらいました。

私はそのアドバイスを聞いて、髪はすぐ伸びないからメイクと服装を女らしく変えてみたりしたんです。

そしたらすぐにメンヘラちゃんが気付いて

「なんか最近系統変わった?前のほうが良い。戻して」

って言ってきました。

でも、

「彼氏の好みに合わせようと思ってw」

って言ってごまかしたら、その時からメンヘラちゃんの態度が急変したんです。

常にイライラして周りの人に当たったり、いきなり泣き出したり、急にいなくなったり目つきとかもきつくなってちょっと怖かったです。

私は社内に仲のいい共通の趣味を持った男の子がいたのですが、なぜかいきなりその人の悪口をめちゃくちゃ言い出してさすがにちょっと無理かもって思ってメンヘラちゃんと距離を置きました。

グループにあとから入ったのは私ですし、揉めるのも嫌だったので結局そのグループからもやんわり抜けました…

それからは、美人ちゃんて女の子とお昼食べたり一緒に帰ったりしてたんですけど…

メンヘラちゃんは週に1度は絶対に私に二人で遊び行こうとか誘ってきました。

毎回私は理由つけて断ってたのですが毎回断っていたためメンヘラちゃんも私が避けてるのに気づいたのか誘ってこなくなりました。

今思ったらこの辺からメンヘラちゃんがさらに壊れ始めたのかもしれません。

美人ちゃんとは本当にすごく仲が良くなって、休みの日にお互いの家に泊まりに行ったりしてました。

お互いに彼氏がいたので彼氏の相談をしたり、趣味も一緒だったので趣味の話をしたりして、一緒に二人で旅行に行ったりするくらい仲良くなりました。

そんなある日、美人ちゃんが

「最近メンヘラちゃんて子と連絡先を交換したんだけど、すごい連絡が来るんだよね。私ちゃんと仲がいいって言ってるけど本当??3人で遊びたいって言ってるんだけど、どうする?」

みたいに聞かれました。

私は美人ちゃんにメンヘラちゃんが苦手なことを伝えて、適当に断ってもらいました。

そんな中事件は起こったんです。

メンヘラちゃんの誘いを断った次の日、美人ちゃんは会社に来なかったんです。

連絡しても返事は来ませんでした。

いつもは返事の早い美人ちゃんなだけに心配でした。

お昼になって美人ちゃんがいないから私は一人でランチすることになったんですけど、そしたら嬉しそうにメンヘラちゃんが

「私と一緒にランチしよー!!!」

って言ってきました。

まあたまにはいいかなと思い一緒にランチしたんですけど、ひたすら美人ちゃんの悪口を言われ、私はイライラしてしまったんです。

でも適当に聞き流して早めにランチを終え仕事に戻ろうとしたところ帰りに飲みに行こうって誘われました。

私は少し強い口調で

「行かない。」

と言いました。

人の悪口ばかりをいうメンヘラちゃんと関わりたく無かったんです。

メンヘラちゃんは無表情でぼーっとしててちょっと怖かったです。

その日は仕事終わってすぐに帰ったのですが、職場を出てすぐに会社のほうにパトカーが向かって行きました。

パトカーなんて珍しくもないしその時は特に気にもしませんでした。
会社から家に向かう道はあんまり人通りがなくて、大きい公園が途中にあり、夜はかなり暗くて怖いんです。

なのでいつも気を紛らわそうと、音楽聞きながら速足で歩いて帰ってたんですけど、曲が終わって次の曲が始まるまでの無音の時に

コツコツコツって真後ろからヒールの音が聞こえた

んです。

私はヒールじゃないし、妙に近くて不思議に思いイヤホン取って振り向いたんです。
真後ろ、本当に真後ろにメンヘラちゃんがピッタリ張り付いてました。
もう近すぎて識別できないくらい真後ろに。

思わず

「うわっ」

って仰け反ってその場で尻もち付いちゃいました。

メンヘラちゃんは息切らしながら目が血走ってて髪乱れてて本当に怖かったんです。

ぼそぼそってなんか呟いてて、でもいまいち聞き取れませんでした。
唯一聞き取れたのは警察って単語だけでした。

え?

って思ったんですけど、手にはなぜか会社にある大きなハサミを持っていて(裁縫箱に入っているような大きいはさみです)瞬時に

「刺される」

って思って猛ダッシュで逃げました。

追いかけられると思ったのですが、ヒールの音聞こえないし走りながら後ろ振り向いたんです。

そしたら裸足で猛ダッシュで追いかけてきてて

あまりにも怖くて

やあああああああああああああああああああああ

って叫びながらダッシュしてコンビニまで逃げました。

コンビニのドアを開けようとしたらハサミが私の頭の真横をかすめてコンビニのガラスにぶつかりました。

ぞっとして全身に鳥肌が立ちつつ急いで中に入り、私はそのままコンビニのトイレに駆け込んで鍵占めました。

家の近くのコンビニなので何度か来たことがあってトイレの場所も知っていたのが良かったです。
トイレから

「警察…警察よんでくださいぃ」

って叫びました。

私は怖くてトイレから出れなかったんですけど、

ドアの外からずっと鼻歌が聞こえてました。

トイレのドアの前でハサミを持ちながら私が出てくるのを座って待っていたらしいです。

そのあと警察が来て連れていかれたのですが、特に暴れることもなく素直に連れていかれたらしいです。
私は怖くて警察が来てもしばらくトイレから出ていけませんでした。

事件の結末だけ言うと美人ちゃんはその日の朝、会社に来る途中の歩道橋でいきなり後ろからメンヘラちゃんに声をかけられてそのまま階段から突き落とされたらしいです。

美人ちゃんは頭を打っていて腕も骨折していたらしくてかなり重症だったそうです。

それで、すぐに救急車で運ばれたらしいのですが、メンヘラちゃんが鞄奪って逃げたため美人ちゃんの身元特定でき無かったみたいです。

夕方に美人ちゃんが意識を取り戻してメンヘラちゃんに突き飛ばされたことと、私ちゃんが危ないかもしれないと警察に話し、それによって警察が会社にきたみたい。

メンヘラちゃんはパトカーが来た時に

「捕まる!!」

って咄嗟に思ってハサミ持ってダッシュで逃亡したみたいです。

メンヘラちゃんは少し前に私の後をつけて家の場所を把握していたらしく私を刺して心中するつもりだったみたいです。

数年前とかの話で私はもう結婚して会社も辞めて引っ越したので今は平穏に暮らしてます。

美人ちゃんとは未だに連絡取ってますが、お互いに心の傷はいえてません。

でも一番の被害者は巻き込まれた美人ちゃんだよなぁって思って本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

メンヘラちゃんが今どこで何をしているのかはわかりませんが、多分もう出てきてて普通に生活してるのかな。

立ち直ってメンヘラ克服してる事と、二度と会わないことを願うのみです。

まあ、メンヘラの人がみんなこんなではないかもしれませんが、私はもう二度と関わりたくないです。

執着された理由もよくわからないし、初めは普通の子だったため未だに新しく人と関わるってなると怖くなったりもします。

トラウマってやつですかね。
皆さんも気を付けてください。

長文失礼しました。

 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , , ,