アクセスランキング

【ゾッとする話】不可侵の領域

      2018/05/04

知り合いの話。

彼のお爺さんが猟師をしていた時のことだ。

冬期で食料が乏しくなっていた頃、折りよく鹿を見つけ撃ったのだという。

鹿はよろめきながらも藪の中へ逃げ込んだ。

後を追って藪に踏み込んだ彼が見たものは、雪の上に置かれた鹿の首だった。

胴体の方はどこにも見当たらず、血の匂いがあたりに充満していた。

いつもはすぐ後をついてくる猟犬が、藪の外で恐ろしげに鼻を鳴らしている。

これは不可侵の領域で狩りをしちまったな、と悟って退散したそうだ。




山の神さまには獲物を何回か取られたけれど、あれが一番怖かったな。

まぁ山で獲れる物は、本来が山の神さまの物だから仕方がないか。

お爺さんはそう言って屈託無く笑っていた。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , , ,