アクセスランキング

【ゾッとする話】レストランの閉店後に事件です。

      2018/12/19

飲食関係の仕事をした事ある人なら、頭の中で思い描けるような事故かな。

私はレストランでホールのバイトしてるんですけど、そこの厨房の人が、閉店後だからフライヤー(揚げ物用の機械)の油を交換してたのね。

電源おとして、空いた一斗缶に古い油を移して、中を掃除した後に新しい油を入れる作業。

電源落としてからすぐの古い油は当然ものすごく熱い。

だいぶ想像ついてきたかな?

そうです。

その厨房の人が、熱い熱い古い油に突っ込んじゃったんです。

同じ厨房の、一緒にいてた人の話では、フライヤーの中を布巾で掃除してたら、突然滑って空いた一斗缶に頭から突っ込んだらしい。

私は、ちょうどその時、後片付けしてたんですが、いきなり厨房からホール全体に響くぐらいの絶叫が聞こえてビビリました。

見に行くと、厨房の人が上半身がテカテカになってうずくまってました。

あちこちから湯気が出て、首や耳はありえないぐらい真っ赤。

しばらくはうめきながらうずくまってたんですが、救急車がきたから他の人たちが抱えようとすると、

「ぐおおおああああー!!!!!」

みたいな叫び声をあげて、両手を振り回して暴れたんです。

その時、ばっちり顔を見ちゃいました…




皮がずるずるにただれて真っ赤、片方の目ん玉は真っ白。

唇(?)辺りに白いぶつぶつがいっぱい出来てて、口の中にもいっぱい。

口からは時々白い湯気みたいなの吐いてた。

叫びながらも、みりみりみりとか言って、少し口が裂けてた…

私は耳ふさいで目を背けた。

ずっと変なにおいしてたから吐きそうだったし。

私のすぐ横にいた同い年のコは

「うへー…」

とか言いながらもずっと見てた

とにかく洒落になんないぐらい怖かった。




 

 - 猟奇的な話 ,