アクセスランキング

【ゾッとする話】リミッター解除する酔っ払い

   

母方の伯父の嫁の兄(要は姻戚でほぼ他人)に警察のおっちゃんが居る。

法事の時に見た程度の関係なので、親しく話した事はない。

子供の頃に聞いた、おっちゃんの洒落にならない体験談。

ある日、

「酔っ払いが暴れているから何とかして欲しい」

と言う通報を受け、おっちゃんは現場に急行。

色白で、華奢で背が高くてひょろひょろしたおっさんが、道端で何かわめいていた。

酔っ払いのおっさんは、

「なんやと!?ゴルァ!!!!」

とか何とか叫んで、路駐してあった軽トラックの側面(荷台の横)に手をかけると、ちゃぶ台をひっくり返すような動作で、軽トラをひっくり返してしまった。

あっさり横転した軽トラにさらに蹴りを入れる酔っ払い。

警察のおっちゃんはガクガクブルブル 無理!絶対無理!コイツには勝てない!

と、思ったものの、通報者らしきおばちゃんが、現場付近の民家の窓から顔出して覗いてる。

仕事だし、しょうがないので、軽トラと本気で喧嘩してるおっさんに声を掛けた。

酔っ払いは、制服を見てお巡りさんだとわかったのか、大人しく署まで付いてきてくれて一件落着。

おっちゃんが新米だった頃、上司に

「世の中には酒が入るとポパイになる人が居るから、酔っ払いを保護する時は気をつけろ」

と言われたそうだが、若かりし日のおっちゃんは

「酒が入るとポパイになる」

をネタだと思ったらしい。

自分も酒が入って前後不覚に脱力した人しか見たことないので、ちょっと信じられそうにないが、おっちゃんが、20年数前に実際に経験した洒落にならない話。

 

 - 超常現象 , , ,