アクセスランキング

【ゾッとする話】ドッペルゲンガー

      2016/05/24

俺が中3の頃、駅で自分の名前呼ばれた気がして、ふっと周りを見渡したらもう一人俺がいた。

俺は制服着てたけど、そいつは普段着。

しかも俺が着ないような暖色系の格好で、ダ●ン系特有の薄ら笑いを浮かべてこっちを見てた。

「おい、おまえ誰だよ…」

パニクった頭で、ようやくそれだけ言ってそいつに一歩近づくと、ダッシュで逃げられた。

何故か後を追おうという気にはならなかったのが悔やまれる。

今思い返しても意味不明で気味が悪い。

オチもないし。

とりあえず、次あったら絶対捕まえてやろうと思ってる。

 

 - 猟奇的な話 ,