アクセスランキング

【ゾッとする話】トイレの個室の壁一面に…

   

私の元担任の先生から聞いた話。

その先生(T先生とします)が前任していた学校で起きた事件です。

その学校は女子校と言うこともあり、当時は不審者の目撃や体操着の盗難などが多かったそうです。

グラウンドには部活棟があり、その脇には少し離れてトイレがありました。

トイレは昔ながらのくみ取り式です。

ある日、T先生の元へ朝練をしていたらしい生徒が泣きながらやって来ました。

T先生が事情を聞くも、パニックになって話せない様子。

しきりに

「トイレが、トイレが…」

と呟いていたとか。

どうやら外にある例のトイレで何かあったらしく、その生徒に連れられてT先生が行くと、トイレの個室の壁一面に、排泄物が塗りたくられていたそうです。

T先生は最近多発している不審者の仕業だろうと警察に連絡。

初めはみんな変質者によるただの嫌がらせだろうと予想していたそうです。

しかし現場検証などを進めていくうちに、T先生は警察の人から




「ちょっと」

と別室に呼ばれました。

「生徒には話しにくいことなので」

との前置きをされて、その警察が一言。

「あれ、中に人が入ってたみたいだね」

さすがにT先生もフリーズ。

よくよく警察の話を聞くと、便器の脇に手を掛けて上がった跡があり、さらにトイレの汲み取り口からは進入した形跡もあったとか。

壁一面の排泄物は、犯人がトイレから出たときに体についていたものを擦り付けてふき取ろうとして付いたものだろうとのことです。

この話を聞いたときはさすがに寒くなった…。




 

 - 猟奇的な話 ,