アクセスランキング

【ゾッとする話】キッカリずれる狂った時計

      2019/06/07

みなさん、ちょっと部屋の中を見回してみてください。

あなたの今いる部屋には時計がいくつありますか?

今お使いのPCを含めて、「時間」を表示できるモノがいくつか存在するでしょう。

いま、ぼくの部屋には「時計」が8つあります。

テレビやビデオを含めて。

それが、あるとき一斉に正確に1時間だけズレていたんです。

おかげで、大事な約束に遅刻してしまいました。

1度だけなら気の迷いかとも思いますが、つい先日で3度めになります。

ぼくは自分で言うのもなんですが、神経質なタイプです。

時計が1分狂うと、もう気になって仕方がありません。

だから、しょっちゅう正確な時間に時計を直します。

部屋の時計の表示が大きく間違っていることは、停電でもないかぎりありえないのです。

しかも、コンセントから電源をとっている家電ならともかく、乾電池で動く目覚まし時計や寝るときもはめている腕時計までピッタリ1時間だけ遅れているのです。

いったい、これってどういう事なんでしょう。




もし、同様の体験をされた方がおみえでしたら、お話しを聞かせてください。

--------------

私も時計では奇妙な体験をしたことがあります。

5年以上前のことになってしまうのですが、隣の部屋に電池の完全に切れた時計を放置してあったんです。

ある時、用事があって、その部屋へ入りました。

すると、置いてあった時計が触ってもいないのに、針がグルグルといきなりまわり始めたのです。

長針と短針ともに動いていました。

部屋に入る前は、うんともすんともいっていなかったのに動いてたんです。

気味悪くなって、思わず電池を抜いたら止まったんですが、一体なんだったのか不思議です。

その後、電池の残量を調べましたけど、ゼロでした。





 

 - 超常現象 , , ,