アクセスランキング

【ゾッとする話】カエルだと思って石投げたら…

      2018/07/20

親父から聞いた話。

ある夏の日、家の近くにある川原を歩いていたら、向こう岸にでっかいかえるがいた。

あまりにでっかいかえるだったんで、石を投げていじってみた。

すると、そのかえるが

「いてっ!」

てしゃべったんだと。

でも、親父は

「かえるがしゃべるはずがない」

と思ってもう一度石を投げてみた。

だが、やはり石をぶつけられたかえるは

「いてっ!」

としゃべり、しかも今度は、

「何すんだー!」

と怒鳴ってきた。

親父はもうびっくりして逃げ帰ったそうな。

で、その日の夕飯のとき。




なんだかねーちゃんが怒っている。

おそるおそるなんで怒っているのかきいてみたら、

「お前、昼間私に石投げただろ。」

と言ったそうな。

「暑さにやられてぼけてたのかな…」

と親父は言ってました。





 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , , ,