アクセスランキング

【ゾッとする話】あんま見んなよと言われたけど…

      2019/03/20

こないだ友人が部屋に遊びに来た日の話。

疲れてたのと酒が入ってたのとで先にそいつが俺のベッドで寝ちまったから俺は布団で寝たんですよ。

そんで朝方急にそいつががばって起きて、

「やばい、もう十時だ!!」

って慌ててるから俺もびっくりして枕もとの目覚まし時計を見たらまだ五時前なわけ。

ふざけんな俺はまだ眠いんだよ、ってかなりむかつきながら

「まだ五時だからもうちょっと寝てろよ」

と言っても

「目が覚めた」

ってうるさい。

そのとき買ったばっかりの本が本棚にあることを思い出して、

「本棚に○○の本があるから読んでいいぞ」




って言ったら、俺の寝てる布団をまたいで本棚に行って、俺の足元で読み始めたんだ。

俺はそいつが無心で読んでる姿をぼんやり眺めてたんだけど、なんかおかしい。

間違い探しで間違ってるほうの絵を見てる感じの違和感がするんだよ。

まだ半分寝てる頭でなんだろう、って考えてたらいきなりベッドの枕のほうから友人本人の声が

「あんまそいつのこと見んなよ」

って言った。

友人は俺の目の前にいて、ベッドには誰もいないはずだった。

なんかもう急に怖くなって目をつぶって、次に開けたら朝になってた。

そいつはずっと熟睡してたって言うし、たぶん俺が寝ぼけてたんだと思うんだけど、今までそんなリアルな夢を見たことなかったからすげえ怖かった。

そのときしゃべった内容も部屋の様子も、なにより友人の偽者?の顔もはっきり覚えてる。

でもよく考えたら部屋は朝みたいにカーテン越しの光がさしてて眩しいなあって思ったのを思い出した。

今の季節五時前なんて真っ暗なのに電気つけずに時計が見れたし、やっぱ夢なのかな。





 

 - 超常現象 , ,