アクセスランキング

【ストーカーの話】バイトの後輩

      2016/06/03

かなり昔、バイト先の後輩の話です。

当時は高校生が携帯を持ち始めたくらいの頃で、18歳のその子は携帯を持っていなかった。

今のうちからバイトをして、大学生になったら自分で買うんだと言っていた。

俺は彼女より年上で、二年長くそのバイトをやっていたので、会うとよくバイトや勉強のことで話しかけられていた。

ある日バイトを終えて控室に戻ったら、先に上がっていたはずの彼女が、まだ椅子に座っていた。それも一人で。

時間も時間だし、なんだか思いつめたような感じだったから声をかけた。

「最近夜にバイトあがると、誰か後ろからついてくる感じがするんです…一人でお店出るの怖くて……もしよかったら、途中まで一緒に帰ってくれませんか?」

なんか適当に明るいことを話しながら家まで送った。

男の俺がいるせいか、今日はついて来られてる感じがなかったとお礼を言われた。

その一週間後、同じ時間にバイトをあがると、また控室に彼女がいた。

先週と同じか、もっと暗い顔をしていた。

「窓から部屋を覗かれてる気がするんですけど、怖くて確認できないんです。先輩と一緒に帰った日に後をつけてこなかったのは、もしかすると、もう私の部屋の外で待ってたからかも」

彼女の家は一軒家で、部屋は二階。

そんなところからどうやって覗くのかというと、塀から隣のマンションの物置?みたいな小さな建物によじ登れる。

そもそも地面の高さが違うので、その上からなら木の枝に身を隠しつつ覗けそうだという。

というか、その辺りから見られている気がすると言っていた。

一応その日も同じように家まで送った。

彼女が言っていた場所には、誰もいなかった(下から見ただけだから、確実じゃないけど)。

俺は今ある貯金で携帯を買ったらどうかと勧めた。

夜道で家族と話しながら帰るとか、いざとなったら俺や友達を呼べるようにって。

それからその子は日に日に窓や人影に怯えるようになった。

明るくて可愛い子だったんだけど、笑わなくなって身だしなみを気にしなくなって、別人みたいだった。

ある日俺が出勤すると、控室にバイトを終えた彼女がいた。幽霊みたいでギョッとした。




「先輩、ベランダに、いるんです。ストーカー。家族にカーテンを開けてもらうと、いなくなってて。家族が出ていくと、上からにゅっと覗くんです……」

上から。

そんな所、誰もいないはずだった。

彼女の家の屋根に登るなんて、それこそ長いはしごが必要だろう。

帰るためにはかけたままにしておかなきゃならないだろうし。

ずっといるって言うなら、俺だって人影を見ているはずだ。

「あと、わたし携帯買ったので、先輩の番号とメアド教えてくれませんか」

とりあえず連絡先を交換した。

その晩さっそくメールがあった。

「今誰かがいます、怖いです」

「先輩は家ですか?もし今バイト先だったら、ちょっと私の家の前まで来てもらえませんか?」

「電話してもいいですか」

たてつづけにメールがきて、途中になんとか一回

「いま家だよ」

と返事ができた。

すぐに着信があった。

ひそめた声で、もしもしとなんとか聞こえる。

「帰ってるってバレるのが怖くて、昼から一度も電気つけてないんです」

そのときは夜の0時だった。

「そうしたら、隣のマンションの電気で、カーテンの向こうが明るくて、影が」

そこまで言って黙る。

泣いているみたいだった。

「やっぱりベランダにいるんです。それに、なにか言ってるんです…たぶん、『いるんだろ』って……」

ぶつ切れで話されるので、なんて言っているのかよくわからなくて、何度か聞き返した。

彼女はベッドの頭側の装飾板の陰に隠れているそうだ。

窓からはたぶん姿が見えない。

隠れているベッドの装飾は穴が少しあいていて、なにか感じた彼女がその穴から窓の方を覗いたそうだ。

カーテンには大きな男の影がかかっていた。

ほとんど窓にぴったりくっついているくらい、影はくっきりしているそうだ。

驚いて壁に肘をぶつけると、その後からぼそぼそ声が聞こえたのだという。

「いるんだろ」

と。

その声が聞こえているんだから、この電話の声も影の男に少しは聞こえているかもしれない。

でもベッドの陰から出ていくのが怖くて、男が諦めるのを待っていると言う。

「先輩、お願いです、助けてください…。うちの前に来て、人影がいたら、警察に電話してくれませんか?もう家族も信じてくれないんです、覗かれてるって」

すごく必死な訴えに、俺はわかったと言って電話を切った。

それから頃合いを見計らって

「見に行ったけど、誰もいなかったよ。今ならリビングに移動できるよ」

とメールを送った。

見に行かなかった。

でも、本当に誰もいるはずがない。

彼女の部屋のベランダには、木を登ったって入れっこない。

屋根と一緒で、堂々とはしごでも使わなきゃ無理だ。

ストーカーしてたのは俺なんだけど、もう彼女に興味なくなって家にいたし。

いたとしたら、きっと人間じゃないと思う。





 

 - 猟奇的な話, 金曜日の恐い話