アクセスランキング

【こっくりさん】帰らないで…

   

秋が近くなると、私はいつも「ある嫌な出来事」を思い出します。

当時、私は中学3年生、その頃、学校ではこっくりさんが流行っていました。

興味を持った私達は、仲のよかった4人でM子の家に集まり、こっくりさんをする計画を立てました。

深夜12時ちょうど。

4本のろうそくのゆらめく明かりの中で、こっくりさんが始まりました。

「こっくりさん…あなたは、いくつですか?」

「…10サイ…デス」

「この辺に住んでいたのですか?」

「ハイ…。ナマエハ…アヤカデス。」

遊びではない異様な空気。

あまりの恐怖に3人から悲鳴が上がります。

私は

「手を絶対離さないで。すぐ帰ってもらうからこのままジッとして」

と皆に言い聞かせました。

「アヤカさん。ごめんなさい。私たちはもう寝るので帰って下さい」

しかし、4人の指は何かに取り憑かれたように文字盤の上をすべり続けます。

「ワタシハ5ネンマエ、クルマニヒカレマシタ。イキテイレバミンナトオナジチュウガクノ3ネンデス…ミンナイッショニイテクダサイ」

(私は5年前、車に轢かれました。生きていれば皆と同じ中学の3年です…みんな一緒にいて下さい)

「解りました。本当にごめんなさい。もうお帰りください。」

「イヤデス。ワタシハ10ガツ10カ、クルマ二ヒカレマシタ。オトモダチヲヒトリツレテイッテイイデスカ?…ソレナラカエリマス。」

(イヤです。私は10月10日、車に轢かれました。お友達を一人連れて行っていいですか?…それなら帰ります)

ついにこらえ切れず、友達は悲鳴をあげて指を離してしまいました。

「誰も連れて行く事はできません!ごめんなさい。さようなら!」

私はまだ滑り続ける嫌な指先の感触に耐え切れず、半ば強引に10円玉を真中に戻し、こっくりさんを終らせました。

その途端、…カタン…と机の1本のろうそくが倒れました。

その後、私達4人の間でこっくりさんの話はタブーとなりました。

4人は別々の高校へ行き、暫くバラバラになっていました。

ある、秋のお祭りの日。かつての友達から誘いがありました。

ですが、私はなぜか気乗りがせず、その誘いを断り家で過ごしていました。

すると突然、友人のY子から電話がありました。

「M子が…たった今、酔っ払いの車にはねられて…死んじゃった!」

翌朝の新聞の右下、小さな記事として16歳のM子の死を告げる記事がありました。

その祭りのあった日こそ、あのアヤカと言うこっくりさんが告げた10月10日だったのです…。

 

 - 怖い話/怪談, 超常現象 , ,