アクセスランキング

「 金曜日の恐い話 」 一覧

やばい奴|ひきつった顔で男が家にやってきた

深夜、アパートの自室で、テレビのバラエティー番組を見ながら、カップ麺をすすってい ...

 

掌|叔父が恐怖する手のひらの謎

死に目を看取った叔父の話。 独身だった叔父は姉の子供のオレを我が子のようにかわい ...

 

開かずの仏壇|借家に佇む仏壇の謎

友人が借りている家がやばい。 築30年庭付き一軒家。家賃20,000円。 仏間が ...

 

茶化した結果|幽霊だって感情があるんだよ

大学一年ん時の話 当時の彼女とドライブ中、軽い坂道を通った。 坂と言うよりは、軽 ...

 

前の家|古い家に住んでいた当時、妹は5人の霊を知っていた

前の家がやばかった。 妹が見えるらしく、5人いるとかいいだした。 家の造りがちょ ...

 

本気|イジメられた私が本気を出したときの話

関東から関西に引っ越した時、言葉が違うせいか「ブリっ子(死語)」と言われ、すごい ...

 

見知らぬドア|病院で見た開かずの扉、その向こうに居た者とは

中学生の時、腕を骨折して通院している時期があった。 ある日、病院内でジュースを買 ...

 

謎の指導者|スポーツ少年団の合宿に現れた謎の先生

心霊的な話とは違うのですが未だに理解出来ない事があって書きます。 小学生時代、地 ...

 

宅配便|不思議な配達のお兄さんとのやり取り

昔から、電話が苦手なんだ 多分親戚が死んだって連絡が子供のころ、夜中にかかって来 ...

 

噂の廃屋|東京の某所にあった廃屋での悲劇

小学生の時、近所に廃屋があった。 噂では、そこで気の狂った夫に奥さんが刺されて殺 ...

 

沈まぬ太陽|図書室で偶然見つけた不気味な本の話

もう十年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。 当時の私は友達のいな ...

 

隣人|謎が多い隣人A、見かけなくなったなと思ったら

未遂で終わったけど今までで一番怖かった話 やたらと推測が多いけれど堪忍してほしい ...

 

犬の呪い|犬猿の仲だったペットが死んだ…その後俺に起こったこと

お前ら犬に呪われたら本気でヤバイぞ。マジで注意しろ。俺もいろいろ調べてはいるんだ ...

 

並走するモノ|下りの自転車のスピードをあざ笑う何者か

ちょっと長くなるが実際に合った経験を 自分は自転車ツーリングを趣味としているんだ ...

 

修学旅行先のホテル|やっぱりここには何かいる

この話は私が八年前に修学旅行で沖縄に行った時の話だ。 その日は修学旅行初日で、空 ...

 

参列|誰が亡くなったのですか

ある日AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。 夜道 ...

 

ビンタ|誰だ!

俺の部屋の電気はスイッチじゃなくて紐がぶら下がってて、それを下げて切り替える式な ...

 

深夜残業|会社のトイレで経験したアレは何だったのだ

これは昨年末に自分自身が体験した話。 心霊現象かどうかも分からないし、疲れてただ ...

 

顔認識|コンピューターが予想する余命

死ぬほど怖くはないけど、じんわりと背筋が固まるような話を。 ただ、俺はこれ最恐に ...

 

ついてくる|林で一人いたら聞こえる足音

小学生の頃だからはっきりと覚えてるわけではないんだけど、実家の近くに山というか林 ...

 

刃物人間|深夜に遭遇した嵐のファン

従兄弟の数年前の体験談。幽霊関係無いけど。 当時、車の免許を取ったばっかりだった ...

 

写真立て|湖のほとりで見つけた写真の話

俺が大学時代の20年以上前の話。 友達がワンボックスの車を買ってもらったからって ...

 

仮眠室|サービスエリアの仮眠室の話

あるサービスエリアに森●のレストランがあるんだ。 高校卒業してすぐに親友と2人で ...

 

パチ屋のおっさん|もしかして俺、異次元に行った?

俺スロット打ちすぎて頭おかしくなったかもしれん 今日ガディスでオス番打ってて夕方 ...

 

阪神ファンのおっさん|ノリの良い阪神ファンのオッサンは既に…

小学校の頃、クラスの奴らと野球で遊んだ後に日課となっていた壁当ての投球をしていた ...

 

焦げ臭い匂い|なぜここで?

先月のことになるが、子供と図書館へ行き、暗くなった帰りしな来た道をもどりながら、 ...

 

鉄、火、水|いじめをおかんに告白したA子の末路

またまたお邪魔しますよ。 俺のおかんが酔っ払った時に話した与太話。 今年実家に帰 ...

 

おかんの味覚|霊感と味覚が関係する話

うちのおかんは物心ついた時から色々な体験をしてきたそうだ。 で、今回の正月帰省し ...

 

非通知設定の迷惑電話|もしあなたが出た覚えのない電話と会話していたら

社会人になったばかりの頃の話。線路沿いの狭くて安いアパートに独りで住んでいた。 ...

 

足跡|大雪の中にあった足跡の先

本当にあった話。 俺は東北で土木関係の仕事してるんだけど、冬になると道路の除雪も ...