アクセスランキング

終電|いつものように乗ったハズの電車の中で出会った少女の怖い話

   

高卒で就職して3年目に突入した三年前。当時21歳の俺の怖い話

その会社がいわゆるブラック企業で、技術系に配属された俺は月1~2休暇の毎日が8時出勤、殆ど毎日終電帰りという状態でかなり疲れていたので今思うと、幻覚、幻聴の類だったのかもしれないと思う。

その日も、現場での仕事を終えて会社で資料を整理。結局資料はまとめきれず、しかし家には帰りたかったので終電で帰宅しようとした。するとその日は遅延が発生していたらしく終電ではなかった。





人のまばらな電車で毎日同じ時間、同じ車両に乗り続けているとある程度見知った顔ぶれというものができる。目が合っても会釈もしない関係だが

「この人も毎日遅くまで大変だな」

くらいにはお互い思っている事だろう。

その日も座っている客が少なく、いつも座っている場所が空いていたので腰を下ろした。気付いたら眠っていたようだ。

体が揺さぶられている気がして目を覚ました。

まだそんなに時間が経っているとは思えなかったが、いつも俺が降りる前の駅で降りている若いサラリーマンの男性が車両に乗っていなかった為「やってしまった」と思った。

他にも見知った顔はいなくなっていたのでかなり遠くまで来てしまったかもしれない。

すると、また作業着を引っ張られた。

振り向くとそこには小学生くらいの女の子が座っていた。

電車は走り続けていて相変わらず人のまばらな電車の車内ではポツリポツリと座って眠っている人がいた。

「おじさん、どこの人?」

女の子が話しかけてきた。こんな時間にこんな小さい子がいるなんて。と思いつつ

「○○だよ。」

過ぎたであろう駅名を言った。

次は何駅なんだろう。

電光掲示板は無いし、電車が止まりそうな気配も無い。

とにかく次で降りよう。

「ねぇ。おじさんは何でここにいるの?」

続いて女の子はこう尋ねてきた。変な女の子だなぁと思いつつ

「乗り過ごしちゃったみたいだね。」と言った

「ふーん。」

それきり女の子は黙った。

それから10分くらい経過したが、一向に電車が止まる様子は無かった。

イライラしながらも窓の外を眺めていると、段々と白い霧に覆われていった。

俺は隣にいる小学生に聞いた。

「ねぇ、この電車はいつ止まるの?」

「わかんない」

「君はどこで降りるの?」

「わかんない」

元々イライラしていたのが、この会話で恐怖に変わった。付いていない。

声をあげても誰もこちらに興味を示さなかった。

これ、ヤバイ。何か変なことに巻き込まれてる。と

俺が席を立ち上がろうとすると女の子は俺を掴んできた。

尋常じゃないほどの力で

「どこに行くの?どこにも行けないよ?」

と言ってきた

俺は

「ひっ」

と情けない声を上げるとポツンと座っている大人に目線を送った。しかし誰もこちらに気付いていない。声をあげても誰もこちらに興味を示さなかった。

「お兄さんは、ずっと私と一緒だよ」

小学生は俺にそういうと、無理矢理俺を椅子に座らせようとした。

が、そこで急に電車が止まった。

停車駅のようだった。死に物狂いで外に出ようとするが、小学生は俺の体をガッチリガードしていた

「俺を降ろしてくれ!!」と叫ぶが、女の子は「いいや、駄目だよ」と言って動かしてくれない。

電車のドアが閉まる警笛音が鳴った時、俺はもう人生の終了だと感じた。

しかしその瞬間に手を差し伸べてくれた人がいた。

咄嗟のことで顔をしっかり見ることはできなかったが服装からいつも同じ電車に座っているOLさんだとわかった…

意表をつかれたのか俺の体はするりと小学生から抜け、OLさんと一緒に電車から降りた

と、同時にドアが閉まる。恨めしそうな顔をして小学生がこちらを睨んでいた。そこで確信した。

人の形相ではなかった。

その後ろに、一緒に下りたはずのOLさんも乗っていた。相変わらず顔は見えなかったが、手を振ってくれていた。

そこまでは覚えているが、そこで気を失ってしまったらしい。

次に目を覚ましたのは病院のベッドだった。

なんでも、俺がいつも降りる駅の二つ後の駅で倒れていたようだった。原因は過労。会社に連絡するとその日は休むようにと言われた。

夢だったのか…?と思いつつその次の日からは、会社の命令も有りもう仕事に復帰していた。

その後、3日間終電でOLの姿を見かけなかった。

どうしてもその人の事が気になったので俺はいつも同じ電車に乗っているサラリーマンに思い切って話しかけた

「あの、すみません。」

「え、ああ。お疲れ様です」

お互い顔見知りではあったので、特に不振がられもしなかった。

多少の雑談をして、OLさんの話題に触れた。

すると、サラリーマンから思いがけない話を聞いた。

サラリーマンはその日、仕事が少しだけ早く終わり数本前の電車に乗ろうとしたそうだ。

その日はたまたまOLさんも電車待ちをしていたらしくこんな事もあるんだなぁと感じたそうです。

その後は、来た電車にサラリーマンの目の前でOLさんが飛び込み自殺

その為、結局いつもの終電に乗る事になったそうだ。

幻覚、幻聴の類であったのかもしれないし非常に後味の悪い話ではありますが、俺からの話は以上です。





 

 - オカルト, 金曜日の恐い話 , , ,