アクセスランキング

猫|動物を軽んじてはいけない話

   

あの恐怖体験をする迄は、私には猫をいじめる癖がありました

猫は用心深く、人の姿を見るなりパッと逃げてしまうので、どうにも気に入らなかったのです。

皆さんは、「猫は自分より低い場所に居る物に対してあまり警戒しない」と言う事をご存知でしょうか?

ブロック塀や自動車の屋根の上の様な高い位置に居る猫には、実は容易に近づく事が出来るのです。





まず関係のない所に視点を置き、時々猫の方をチラチラうかがいながらそっと近づけば、大抵の場合その場から逃げずに待って居てくれます(この時チラチラ見る理由は、こちらに敵意がない事を知らせる合図なんだそうです)。

私はその方法で難なく猫を捕まえる事に成功しました。

それが凶々しい恐怖体験の始まりだったとは…

そいつは近所で良く見掛ける丸々と太った白い猫で、飼い主は特に居ないらしく皆して餌をやる為これほど太ったようでした。

私はその猫の両脇を持って2度3度自分の股の間をぶらぶらさせ、勢いがついた頂点で思い切り空中に放り上げてやったんです。

勿論、幾ら猫嫌いの私でも別に地面に叩き付けて殺すつもりはありません。

アクロバチックに近くの家の窓の片屋根(ひさし)の上へと着地させるつもりだったのです。

ところが、その猫は想像以上に運動神経が鈍かったらしく、あれよあれよと屋根の傾斜を転がって下まで落ちてしまいました。

猫は自分の体重を足だけでは支え切れず顔から地面にぶつかり、短く

「ぎゃん」

という苦痛の悲鳴を上げました。

猫というのは私の経験上、ちょっとやそっとでは苦痛の態度を現わしませんから、悲鳴を上げたと言う事は落下のショックで脳か内臓にでもダメージを受けたのかも知れません。

この時初めて私は罪悪感に襲われました。

心配ですぐに駆け寄ろうとしましたが、猫はおびえて脱兎のごとく逃げてしまいました…そしてそれっきりです。

以後その猫の姿を見る事は全く無くなってしまったのでした

しかし…

それから随分月日がたった頃…夏の蒸し暑い夜の事でした

私はもうすっかりあの猫の事など忘れてしまい、彼女と二人で扇風機を回しながら楽しくテレビを観ていました。

その時です。

不意に、

「ニャーーン、ニャーーン、ニャーーン…」

と、粘り付く様な猫のしゃがれた鳴き声が家外の暗闇からネットリと響いて来たんです。

咄嗟に目をやると、片側に開け放った曇りガラスの向こうに、いつの間にやら白い影がゆらゆらと揺れて居ました。

私は直感的にあの白い猫だと悟りました。

次に蛍光灯がゆっくりと薄暗くなって行くのが分かりました。

彼女はそれを見上げながらオロオロするばかりでしたが、私は彼女越しに見える窓の白い影から全く目が離せませんでした。

なおも薄気味悪い鳴き声が続きます。

それはだんだんと、

「ニャーーン、にゃーーン、にゃーーん…」

猫と言うより人がふざけて猫の物真似をする様な声に変わって行きました。

さらにその内、

「ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん……」

と、大人の男が赤ん坊の泣き真似をするような不気味な声に変化して行ったんです。

私も彼女も逃げる事すら忘れ、完全に怯えて固まってしまいました。

そしていきなり!!!

網戸の所から真横に寝た男(人間)の頭がにゅっと出てきて大声で怒鳴ったんです

「ぎゃーーん!!」

私達は余りの光景に自らの目を疑いました。

その男の首は、白い猫の横っ腹からキノコの様にニョキッと生えていたからです。

(其の他にも気味の悪いぐにょぐにょした何か?もいっぱいくっついていました)




 

 - 怖い話/怪談 ,