アクセスランキング

気仙沼さんの怖い話|リモコンに夢中になった子供の怖い話

      2016/04/21

ある日小学2年生の子が、家でお母さんが帰ってくるのをまってた日がありました

<気仙沼せん投稿ありがとうございます>

これはちょうど6年前の話。

その子はいたずら好きで、お母さんがいないのをいいことに家の中で、壁に落書きをしたりしていました。

そのときふと目についたのが、テレビの上に置いてあったごくふつうのリモコン…。





でもその子にとっては、不思議なリモコンでした。

その子はその4つのリモコンをとり、まずはじめにテレビにむかってボタンを一つ、押しました。

すると、あっという間にテレビが消えてしまったのです。

その子はおもしろくってしかたがありません。

次に目に入ったのは新聞。

またリモコンをとり何かのボタンを押しました。

すると今度は新聞紙が消えました。

どんどんおもしろさが増していきついに家のものが全てなくなりました。

残ったのは家と自分だけ…。

しかもその家はからっぽ…。

ついにその子は決心して自分にむかってリモコンのボタンを押しました…。

次の瞬間、その子も消えてしまいました。

さー、その子はどこに行ったんでしょう。

いまだにわかっていません。

皆さんもやたらにわからないリモコンをさわらないように…。

もしかしたらあなたも消えてしまうかも…。





 

 - オカルト, 投稿★怖い話, 猟奇的な話, 超常現象