アクセスランキング

ペロさんの怖い話|犬の名前はペロ

   

<ペロさん投稿ありがとうございます>

これは、私の飼っていた犬が死んだときの話です。




犬の名前はペロといいました。

13歳だったので、足腰が弱ってきていました。

死ぬ1週間ぐらい前には歩けなくなっていました。

ペロが死んだ日の夜、私は悲しくてなかなか眠ることができませんでした。

すると、微かに物音が聞こえてきました。

その時私の部屋はプリントなどが散らかっていたので、風のせいかなと思っていました。

しかし、だんだん近づいてくるその音は、爪の伸びた足で、紙の散乱した床の上を歩く音にしか聞こえませんでした。

私はすぐに「ペロが来た!」と思いました。

しかし、恐怖から振り返ることが出来ませんでした。

足音は、私のすぐ隣に止まりました。

しばらく耳を澄ましていましたが、その後は何も起こりませんでした。

わたしはあの時振り返っていれば良かったと思います。

そうすれば、最後にもう一度ペロに会えたかもしれないのに…それ以来、ペロは私に会いに来ていません。

ペロはちゃんと成仏できたんでしょうか…。





 

 - 怖い話/怪談, 投稿★怖い話 ,