アクセスランキング

どこからか聞こえる引き止めの声に震えが止まらない話

   

友達と遊んだ時の話なんだけど

暫く会ってなかった友達と久しぶりに飯でも行こうとなって居酒屋で待ち合わせした。

俺は仕事で少し遅れそうだとメールすると先に飲んでると返信が来た。

約束の時間から30分くらい遅れて店に入り、店員に待ち合わせと伝えると仕切りのあるボックス席の方へ案内された。





あいつはどこかなときょろきょろすると手前の席は頭が二つ見える。

あ、違うなと思って奥へ行ったら後ろからここだよ!と声を掛けられた。

振り返るとさっき頭が二つ見えた席で友達が俺を呼んでた。

不思議に思いながら悪い悪いと席に入ると、やはり友達一人しか居ない。

見間違えたかと気にせず飲みはじめた。

暫く飲んでると友達がこないだナンパしてさーと話出した。

ちょっと変わってる子なんだけど今度おまえも一緒に遊ぼうぜと誘って来た。

俺は彼女居たし、うーんとか言ってお茶を濁してると友達がちょっと小便ってトイレに立った。

一人でたまには遊ぼうかなとか折角誘ってくれてるから行こうかなとか考えてると

「ダメだよ」

後ろから急に聞こえた。

えっ?っと思い振り向くと後ろの席で女の子三人組が楽しそうに話をしている。

なんだ…偶然聞こえただけかと思い、また遊び行こうかと思った瞬間

「行くなよ」

今度は横から聞こえた。横には若い男四人組がげらげらと大声で笑いながら騒いでいる。

タイミングが良すぎるなと一人で苦笑いしてしまった。

そこで友達がトイレから戻って来て座ろうと屈んだ。

その一瞬、友達の後ろに誰かが立っていた。

茶髪のギャルっぽい女の子。普通なら可愛いのかも知れないが…

目が白目だった

咄嗟に目を逸らし、もう一度見直したが女の子はもう居なかった。

「さっき言ってた子からメールきてさ。」

何も気づいてない友達がにこにこしながら言う。

「この後、合流しないかって」

呆然としていた俺がわかったと言おうと口を開きかけた時

「絶対いくな!」

何人かが同時に叫んだような声だった。

はっとして周りを見回すと女の子三人組、男四人組の全員が無表情でこっちを見ていた。

それはほんの一瞬だけですぐまたこっちを気にする風でもなく楽しそうに盛り上がりだした。

「何きょろきょろしてんの?大丈夫か?」友達は怪訝そうな顔でこっちを見ている。

あぁ大丈夫と言って平静を装ったが手の震えが止まらなかった。

「で、行くだろ?この後。」

友達が聞いてくる。俺が彼女から呼び出しが来たから帰ると言うとそうかーと残念そうだったがそれ以上は誘ってこなかった。酔いも醒めてしまったのでそろそろ帰ろうと言って席を立った。

わーパチパチパチ

と周りの席が何故か同時に拍手していた。もうそれも気味が悪くて足早に店を出た。すると友達の携帯が鳴った。

あ、メールだ。と携帯を見た友達が変な顔をしている。

どうした?と聞くと

「ナンパした女からメールなんだけど意味わかんなくね?これ。」

と俺に携帯を見せた。

そこには"もうひけない"とだけ書いてあった。その後、その女とは連絡が取れなくなったそうだ。




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話