アクセスランキング

かわっさんの怖い話|霊感の強い友人の首を絞めたのは

      2016/04/12

<かわっさん投稿ありがとうございます>

これは友人から聞いた話です。

私の友人ことAさんは少し霊感たるものを持ち合わせており、今は見ないと言ってますが昔は結構見たそうです

家が農家で昔ながらの和風の家なのですが、庭に知らないお婆さんが立ってて気がついたらいなくなってたとか、誰かが部屋の前(外の)を走っていったり、

「コツン」

と何かを窓に当てられるとか少年がカーテン越しに立っていたとか…





で、その子の中で一番怖かったのが……

その子はいつもどおり布団に入って寝ていました。

閉まったふすまを間にはさんで兄が寝ていたそうです。

夜も日が変わり静寂が続くなかそれは突然起こりました。

息苦しさに彼女は目を覚ましました。

首が痛い…。

よく見ると首を誰かに絞められている?!

必死に振り解こうと右手と左手を自分を殺そうとしている手を掴みました。

が、何故か右手しかその手を捕まえてない。それどころか左手が誰かに握られている。

……まさか。

そう 彼女は自分の左手で自分の首を絞めていたのです。

左手はいっこうに離そうとしない。

彼女は隣の兄に助けを求めようとした。

何故かふすまが開いている…。

兄は眠っていたが彼女は寝る前に閉まっていることを確かめました。

が今はそれどころではない 必死に声を出そうとするが声は全然でない。

しばらくそうして悶えていると左手は自由を取り戻し、首から離れた。

そのまま彼女は気を失った…。

朝起きるとふすまは閉じていた。

兄は一度も目は覚まさなかったようだ。

では何故あの時開いていたのだろうか………。

この話を聞いて私は本当に霊は存在するのだなと信じました(―"―|||)





 

 - 怖い話/怪談, 投稿★怖い話