アクセスランキング

【KAMEさんの怖い話】鳥肌が止まらない悪夢

   

<KAMEさん投稿ありがとうございます>

幽霊などが出る話ではないんですが…。

私が見た夢を書きたいと思います。

今でも忘れられなくて、思い出すだけで鳥肌が止まりません(>_<)

ある月曜日、学校があったのですが寒くて布団から出られず私はずる休みをして寝ていました。

16時間寝てたと思います。

私は普段夢を見ないんですが,その日は沢山見たような気がします。




1つは悪夢でした…

朝、いつもの様に髪の毛をセットしてました。

普段はつねに鏡を見てセットしてるんですが、その時は鏡が裏向けにおいてありセットし終ってから初めて鏡で自分の顔を見ました。

すると,自分の顔下半分に何かが沢山できてました。

何かとは説明しにくいのですが、小さい丸い感じのもので色は主に青でした。

でも青だけではなく、黄色や赤や緑もところどころにありました。

私はビックリして

『何これ!!』

って思い、ふと自分の両腕を見たらひじから下の部分にもそれはありました。

私は気持ち悪いのと気味が悪いのとで焦って、顔や腕じゅうを必死にひっかきまわしました。

痛いなんてありませんでした。

気持ち悪い!!なんやねんコレ!!とれへん!!

そう言いながら顔をひっかいていました。

すると顔のそれがポロポロと剥がれてきたのです。

少しめくれたとこに指をつっこみそれを剥がしました。

それは意外と綺麗に剥がれました。

次は腕のそれを剥がれました。

はがれだしたそれは、アイロンビーズ(知ってますか?ビーズをアイロンでひっつけたものです。)の様なものに変わってました。

ブレスレットの様に簡単にそれは取れました。

取れたとこらへんで目が醒めました。

顔と両腕を確認したのは言うまでもありません…今でも思いだすだけで鳥肌が止まりません…ここまでリアルな夢も初めてです。

近々私の顔と両腕に何かがおこるのか?そう思って仕方がありません…

長々となりましたが最後まで読んで頂きましてありがとうございました☆




 

 - 怖い話/怪談, 投稿★怖い話 ,