アクセスランキング

【母の霊】警告

   

私が高校に入学してすぐ、母親が失踪しました。

父が言うには、母にはもう数年も前から外に恋人がいたそうです。

「アイツは父さんとお前を捨てたんだ」

そう言ってうなだれる父の姿を見て、これからは私が母親の分まで父を大切にしようと決心しました。

しかし、それから家では、奇妙な事が続きました。

家全体が何となく、ゾワッと総毛立つような雰囲気に包まれ、確かに閉めておいたドアが開いていたり、棚の上のものが落ちていたりするのです。

そこで私は、

「母はもう死んでいるのでは?」

と思ったのです。




玄関に置いたままにしてある母の靴を調べ、私の疑惑は確信になりました。

もし母が出ていったとしたら、靴が一足、足りなくてはなりません。

靴は、全部ありました。

という事は、父がこの家の中で母を殺した事になります。

(何で?どうして?)父を問い詰めたい衝動にかられましたが、やめました。

母を亡くして、父まで警察に捕まってしまったら、私は一人ぼっちになります。

父は、母を愛していました。

あんなに愛してくれていた父を裏切ったのなら殺されたとしても、母の自業自得のように思えたのです。

(気付かなかったふりをしていよう)そう決心しました。

しかし、奇妙な現象は続いていました。

ある日、私が寝ていると、ピト…ピト…と誰かが家を歩き回る音で眼が覚めました。

父の足音ではありません。

そして、ピト…ピト…という足音がだんだん近付いてくるのです。

「来ないでくれ、来ないでくれ」

そう念じながら蒲団に潜っていると、その足音は私の部屋の中にまで入ってきました。

生ぬるい呼吸が頬にあたりました。

薄目を開けると凄い形相の母が、私を覗き込んでいました。

そして、耳元で「出…て行…け…」そう言ったのです。

(こんな家にはいられない)

そう思った私ですが、引っ越そうにも理由を父に言うことが出来ずに悩んでいました。

不思議な事ですが、霊を見るのは私だけで、父は何も感じていないようなのです。

母が居なくなってからというもの、私の面倒を見る為に在宅の仕事に切り替え、家事をしてくれる父に

「父さんが、殺したんでしょう?」

とは聞けなかったのです。

そこで私は何を見ても見ないふりをして、日々を過ごしていました。

あるとき炬燵に入ると、

「ガリッ」

という音がして、足の小指に激痛が走りました。

何事かと思って炬燵布団をめくると、そこに母が居ました。

炬燵の中で、母が、横になっていました。

台所で料理をしていた父が

「どうした?」

と声をかけてきましたが、私は「何でもない。宿題があったの思い出した」と言って誤魔化しました。

「もうすぐ出来るから、居間でやるといいよ」

そういう父の言葉に促され、鞄を開けました。

その時初めて、鞄の底に四つ折になった便箋が入っている事に気付いたのです。

そこには、母の字でこう書かれていたのです。

「真美、逃げて、父さんは狂ってる」

いままで母は、私を逃がそうとしていたのでした。




 

 - 怖い話/怪談, 猟奇的な話