アクセスランキング

【恐怖の体験】あと一歩で…助けられる

   

その日、いつも通りに電車に乗って、会社へ向かった。

ドアに寄りかかって、外の景色を眺めていた。

地下鉄に乗りかえる駅(日比谷線の八丁堀駅)が近づいて来て、網棚に上げておいた荷物を取ろうと、体を後ろにひねった瞬間だった。

ぱしっ!

と、顔に何か、乾いたものが当たった。

何だか分からない、あえて言うなら、布みたいなもの。

強風にあおられたジャケットの襟が顔に当たるような、そんな感じだった。

「!」

と振りかえったが、他のお客さんはみんな座席に腰を下ろしていて、俺にちょっかいをだせそうな位置には、それらしい人間は誰もいない。

顔を押さえる俺を、みんな怪訝そうに見ている。

何が何だか分からなかったけれど、とにかく、つけていたハードコンタクトレンズがズレて、目の奥に入り込んでしまって、痛くて仕方ないので、いつも乗る地下鉄を1本遅らせることにして、駅のトイレに寄って洗面台でレンズを直した。

鏡に向かってレンズを直していたら、急に外が騒がしくなった。

なんだろう? と思い、改札を通って駅構内へ入ろうとしたら、ホームから営団の駅員が

「入らないで下さい! すぐに地上に避難して!」

こちらに叫んでいる。

びっくりして訳がわからないまま、とにかく指示通り階段を駆け上がって地上へ出たら、すぐ目の前の車道に消防車が急停車し、消防隊員が俺と入れ替わりに階段を駆け下りて行った。




地下鉄サリン事件だった。

もしあの時「何か」が目に当たって、コンタクトがズレなかったら。

俺の乗った電車は、サリンの充満する霞が関駅に滑りこんでいた。

誰が助けてくれたのかは、分からない。

でも、あれ以来、目に見えないものの存在を信じるようになった。

ここから先は蛇足だけれど……。

「死んだ人間」に「生きた人間」が救えるのなら、「生きた人間」が「生きた人間」を救うのは当然だ、とも思ったので、機会を作って、いろんなボランティアにも参加するようにしている。




 

 - 猟奇的な話, 金曜日の恐い話 , ,