アクセスランキング

【恐いい話】なくした通知表を見つけてくれたのは…

      2018/03/23

中1の冬休みが終わり、明日は始業式という夜。

学校に提出しなくてはならない通知簿が見つからなくて、部屋中探し回ってた私。

ついには家族全員で、机まで動かして探していた。

その時、遠方の親戚から電話があり、曾祖母が亡くなったと…。

(曾祖母だけど、ウチは結構複雑で、祖母と同じ感覚で、かわいがられていた)

一家で、通夜・お葬式もろもろ済ませて、3日たってから帰宅。




「あ、そういえばせ通知簿がなかったんだ」

と思い出し、どうしよう…と悩みながら机の上を見ると、通知簿が置いてあった。

勿論、家族が見つけてくれたわけではない。

うちでは

「掃除好きだったヤエばあ(曾祖母)が見つけてくれた」

って今でも語り草になってる。




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 ,