アクセスランキング

【怖い話】首の周りに纏わりつくように

   

いい年こいてまだ見たり聞いてしまう自分。

当然うんざりするくらい色んな経験をしているんだけど。

これまでいた職場で一番強烈だったのが某地方都市にある世界的企業。

ここの関連会社にいたんだが、ここがものすごい。

社内で自殺する人もぼちぼちいるらしいが、執念なんだろうか。

職場に現れるんだかなり頻繁に。

ドアから顔半分だけ覗く女性。

一人一人の仕事を確認するように覗き込んでいく男性。

屋上の小庭の端で下を覗き込む男性。

その他、うろうろしすぎて普通の人と区別がつかないことが結構あった。

(しかも同じ制服きてたりするし…)

時には人間じゃないものもいた。(何かは正体不明)

最初は窓の外に黒いものがいるなぁとくらいにしか思っていなかったが、

ふとある時気がつくと、同僚の女の子の後ろにいる。

嫌だとは思ったが、下手に近づいて自分についてきても困る。

ここが下手にわかる人間の辛いところ。

その影は段々彼女の首の周りに纏わりつくようにくっつくようになった。

彼女とは昼食をいっしょにとる仲だったので、あまりに気になって聞いてみた。

「最近どう?何だかちょっと、元気なさそうだけど」

まさか

「後ろから首にひっついてるのナニ」

ともきけず。

彼女はしばらく黙った後




「最近変なことが続くの。先週飼ってた兎が死んで、一昨日犬が死んで…彼氏に昨日振られたし、お母さんはこの間からずっと原因不明の頭痛で寝込んでて…」

「やっぱり。」

とはいえませんでした。

「あんまり続くようなら御祓いいった方がいいんじゃないの?」

としか…

そして半月もせずに私はそこを去ったので彼女のその後は不明です。
ただ、その後も連絡をとっていた同僚曰く、

「彼女、○○のやめたあとにすぐ辞めたんだよ。急にこなくなってね…どうしてるんだろう。携帯かえちゃったみたい。」

…何もあれ以上起こらなかった事を祈らずにはいられません。




 

 - 怖い話/怪談 , , ,