アクセスランキング

【怖い話】霊感の強い子供にしか見えない人2

   

俺が18になって初めて東京に来たときのこと。

小さいソフトハウスにとりあえず入社できて、そこの寮にはいると聞いていたのでいってみたら、一軒家だった。

どうやら普通の一軒家を会社が借りてて、そこに俺が入ることになっていたらしい。

で、布団くらいしか荷物もないので、引越しもすぐに終わって、東京に住んでるいとこのおばはんに無事ついたよと電話したら、お金も無いだろうし、明日ご飯も作ってもってきてくれるといっていた。

そこには3歳と2歳の女の子がいて、そんなに遠くないから一緒に連れてくるという。

そんで次の日、おばはんと2人の子らは元気に手をつないで最寄の駅にきた。

で、俺も迎えにいった。

とりあえずおばはんといろいろ田舎の話とかをしながら歩いてきたが、だんだん家が近づくにつれ、下の子がぐずり始めた

おばはんは無論慣れてるからなだめようとだっこしたが、いつになくおさまらないらしい。

で、上の子が俺の手をつかんで、

「おうちがこわい」

っていうんだな




「へ?」

俺があっけにとられていってるうちに、その家の前についたら下の子はついに泣き出した。

しかもセリフが

「あかいよーおかおー」

とかいってる。

で、その家の門を俺と上の子がくぐった瞬間上の子が

「この家に血でてる人いる」

って叫んだ。

なんか言葉もろくにしらない子供がうそなんかつくわけないからなんか躊躇してたら、隣の結構裕福そうなおばさんが出てきて

「あら、この家に住む方?」

って哀れそうに(今になってみればそう思う)俺にいった

俺は「はあ」とか「まあ」とかいまどきの若者らしいいい加減な返答してたんだが。

で、どうやら下の子が泣きつかれてうとうとし始めたので、とりあえず入ろうということになった。

入るとすぐに階段があるんだが、(この階段は、上に逝くにしたがって左に曲がっていく階段)今度は上の子が、階段の先をみて、

「この上って人がいっぱいいるね。でもみんな血が出てる」

とかいうんだよ。

実は俺は、一応昨日自分の住む家だからと一通り家の中を探索したんだが、2階は特に荒れ放題だったし、押入れとかもだらしなくなってて、廃墟みたいだった。

とにかく2階じゃなく、生活拠点は1階にした方がいいと思ったので、一階の部屋に案内した。

したら、パッとおばはんの肩の上で寝てた下の子が

「ぎゃーこあいよーこあいよー」

っておきて騒ぎ出した。

上の子はぎゅっと俺の手を握って

「ここいやだよそといこうよう」

って半べそ書いてた。

どうしょうもないから、外に出て近くの公園にいって、おばはんの作ってくれたおにぎりを食べながら、上の子供に

「なにがいたのあの家」

と聴いてみた。

答えは

「かまもったおばちゃんが、男の人のおめめをくりぬいてて、しろいふく着たおねえちゃんが…」

といそこまで聴いたら、下の子が

「こあいからおはなししないで」

って言われた。

なんとなく、そのときの下の子の目が、子供の目じゃないような気がした。

結局俺はそこに2年住んだ。

が、何も出てきやしなかった。

無論怖いから、3ヶ月ほどしてから、田舎から出てきた同級生の女と一緒に住んだ。

しかし、2階からたまにミシミシと人が歩いてる音は聞こえたし、間違いなくここにはなんかいるとは思った。





 

 - 怖い話/怪談 , , ,