アクセスランキング

【怖い話】階段から落ちたのは誰のせい?

   

携帯でメールをしながら歩いていると、右膝に何か当たった。

と思った次の瞬間、右側の地下通路への階段を子供が転げ落ちていくのが見えた。

スタントマンのように横向きに回転しながら、だんだんと加速して転がっていく、2歳くらいの男の子。

転落していくその間もずっとおれの顔を泣き顔で見続けている。

おれは妙に現実感がなく、それを観察していた。

一番下まで落ちた子供は2,3度回転してうつ伏せで止まった。

そのままぴくりとも動かない。

やっとヤバイと気付いたおれは、他に人の目がないのを確認すると急いでその場を離れた。

そして3日経った。

試験休みで昼まで寝ていて、飯を食うために降りていくと、母親が喪服にアイロンを当てていた。

「今日お母さん、遠藤さん家のお通夜出ていろいろ手伝いするから。おでん作ったから夜はお父さんとそれ食べて」

「うん…」

おれがまだ眠くてボーっとしていると、母は

「かわいそうに、拓海くんまだ2歳になって間もないのに…」

と喪服を広げながら言った。

近所の子供だった。




知りたくなくても情報は次々入ってきた。

遠藤さん夫婦の、結婚して6年目に待ち望んでやっと授かった一人息子だったこと。

夫婦はどちらも一人っ子で、どちらの両親にとっても初孫で、みんなが溺愛していたこと。

1ヶ月前に2歳の誕生日を向かえ、まだ乗れない三輪車をプレゼントにもらったこと。

その三輪車がお棺の横に置かれ、遺影も誕生日のケーキを前にしての写真だったこと。

意識不明のまま入院していたその子が死ぬ間際に

「まま、こわい」

と言ったこと…

聞けば聞くほど鬱になったが、おれは自分のせいではないと自分に言い聞かせた。

おれにぶつからなくても転げ落ちていたかもしれないじゃないか。

ちょろちょろしてるガキが悪い。

目を離した親が悪い。

おれは悪くない。

おれのせいじゃない。

休みが終わり、学校へ行った。

階段を下りるとき、何かが膝の裏を押してガクッとなった。

よろめいたが特になにもない。

うしろにも誰もいない。

何も思わず、少しだけ慎重に階段を下りた。

そして帰り道の駅の階段を下りる時。

また何かがおれの脚を押した。

後ろを見てもなにもない。

…だが何かの感触があったのは確かだった。

1mにも満たない大きさの何かが、おれに体当たりしたような感触だ。

体中の血が冷えた。

動悸がして、おれは焦って早足で駅を出た。

早く帰ろう。

駅からつながっている歩道橋を降りて自転車に乗って、5分もすればもう家だ。

歩道橋を歩き出したおれは、前から歩いてきた女の人と目があった。

30歳前後のショートカットの女性。

なぜか目を見開いて立ちすくんで俺を凝視している。

その時。

『まま!!このひと!!!』

真後ろから大音響で子供の甲高い声が響き渡った。

おれは度肝を抜かれ、ここに居た全員が今のを聞いてしまった!と思いあわててその場から逃げ出そうと、階段へ走った。

足がもつれる。

そこへまた何かが脚にぶつかってきた。

おれは階段から転落した。

気がついたら病院だった。

死なずにすんだ…

医者から説明を受け、母にむいてもらったりんごを食い、一人になって横になろうとした時、入り口のドアのすりガラスに小さい人影が映っているのが見えた。

ぼんやりと見える男の子の影。

ぺたっと手のひらがガラスに押し付けられた。

おれは頭を抱えて目をつぶった。

しばらくして目を開けると消えていた。

…遠藤拓海くんだ。

おれを許さないつもりだ。

あれから下りの階段に近づくたび、後ろから精一杯の幼い力でおれを押している感触がある。

だからおれは出来るだけ階段は使わない。

だんだんと、押す力が強くなっている。

もし長い階段を下りなくてはいけなくなったら、今度こそ命がないかもしれない。





 

 - 怖い話/怪談 , , , , ,